2018年11月19日月曜日

「二通の手紙」(平成30年11月19日)


 今日、一中で行われた研究授業の参観に行ってきました。3年2組の道徳の授業を見てきたのですが、白木みどりさんの「二通の手紙」をもとに、ルールについて生徒に考えさせる授業でした。

『ある市の市営動物園の入園終了時刻は午後4時。ある日のこと、その時刻をわずかに過ぎて入場したいと申し出てきた若い二人組に対して、入園係の職員は規則だからときっぱりと断ります。厳しすぎると周りの職員が言うと、何年か前に入園係を務めていた職員の話をその職員が始めました。毎日のように小学3年生ぐらいの姉と3,4歳の弟の二人が動物園の入場門の柵のところへやってきては、身を乗り出して中をのぞいたりしていましたが、ある日、今日は弟の誕生日で、貯めた小遣いを持ってきたと姉がお金を差し出しました。入園終了時刻を過ぎていましたが、終わりだと告げると残念そうにしている二人を見て、事情があって親と来ることができないのだと察し、特別に入場させました。しかし、午後5時の閉園時刻を過ぎても二人は出口へ来ません。動物園の職員全体で幼い姉弟を捜索し、1時間後に園内の雑木林の中の池で遊んでいた二人が発見されました。後日、その係員に、姉弟の母親からお礼の手紙が届き、事情があり遅くまで働く母を毎日待つ二人が寂しい思いをしている中で、忘れられない幸せな思い出ができたと綴られていました。しかし、喜びもつかの間、上司から渡された手紙は解雇処分の通告でした。事故につながるかもしれない無責任な判断をしたと言って当時の入園係はその日をもって職場を去りましたが、その人の言葉が今日のような場面で思い出されると、現在の入園係は語りました。』

 当時の入園係の行動をどう思うかと、授業をされた先生は生徒の問いかけました。幼い子どもたちのことを考えてあげたのだからいいことをしたと思うと言う生徒。もしものことを考えた時に、ルールはやはり大切と言う生徒。小学校でも道徳の授業では、登場人物のその時の行動についての葛藤を自分のこととして、その判断について考察しますが、中学校の授業では、さらに人としてどうなのか、社会人としてどうなのか、より一層広い視野で考えます。ルールは何のためにあるのかということを改めて考えさせられ、ルールを通して社会をよくするということはどういうことだろうと考え、自分の生き方を考える授業でした。

 

2018年11月17日土曜日

校長先生!見てください!(平成30年11月17日)

 市役所での第30回摂津市こども展覧会の表彰式に出席し、学校へ戻ってきました。こども展覧会の工作の部で、本校5年生児童が最優秀賞をいただきました。先日の環境絵画展でも本校4年生児童が最優秀賞をいただき、青少年指導員連絡協議会が募集しておられた「わたしの夢」ポスターでも最優秀賞を本校5年生児童がいただきました。その他にも本校の児童が作文やポスターなどのコンクールに応募して、賞をいただいています。「味舌小学校」の児童が様々な形で力を発揮してくれることは、とてもうれしいことです。

 つい先ほど、キックベースボールのチーム「ラスチーカス」で頑張っている5年生女子児童4名がこの前の日曜日(11月11日)に大会があって、賞状をいただいたと校長室にやってきました。なかなか勝てず、つらい思いをしていたのですが、「一つ勝てました!」と報告に来てくれました。人数が少ないので、摂津小学校区のチームと合同チームを作っているとのことですが、今は5年生4人だけなので何とかメンバーを増やしたいと話してくれました。やっと勝てた喜び、これからチームを何とかしたいという思い、十分に伝わりました。

2018年11月16日金曜日

苦労は進歩の源!(平成30年11月16日)

 「味舌むしろ」を織る体験活動を、多くの皆様のご協力で行うことができました。ありがとうございました。かつて、品質の良さで評判だった「味舌むしろ」ですが、普段なかなかむしろを見たり、使ったりする機会はありません。わらをさわることもめったにないと言ってもいいのではないでしょうか。「わらをきれいにする」「わらを打つ」という作業も同様でしょう。5年生児童は、貴重な体験をさせていただきました。物をつくるということは、苦労の連続なのです。だからこそ物を大切にし、そして人は考えたのです。「もっと速く、もっと丈夫なものを作れないだろうか」と。

 先日、母と話をしていたら、洗濯機や冷蔵庫、そしてテレビを初めて買った時の話が出てきました。洗濯板を使っての洗濯や、物を冷やすときは氷を買ってきて冷やした話など、買うまでの苦労したことを話してくれました。それぞれの物が高価だったので、お金を貯めて、やっと購入できた時の喜びは大きかったそうです。冷蔵庫が届いた日に、冷蔵庫の前で母がポーズをとって、記念に写した写真がアルバムにあります。

 発見、発明、開発は苦労を経て、成功・実現するとも言われています。自分自身が苦労しながらやってみることが、次の喜びを大きくするのだと思います。AIの世の中が間もなくやってきますが、人はよろこびを感じ、そして次こそはと頑張る気持ちを忘れてはなりません。そんな気持ちこそが、AIにはない、人の素晴らしさなのです。今日の体験活動を通して、いろいろなことを考えさせていただきました。5年生の感想もぜひ聞いてみたいと思います。

2018年11月15日木曜日

音楽って素晴らしい!(平成30年11月15日・朝会にて)

 味舌小学校の皆さん、おはようございます。元気な挨拶ですね!私はいつも皆さんの元気な挨拶から、パワーをもらっています。ありがとう!

 さて、今日の朝会では、この後、来週21日に文化ホールで開催される小学校連合音楽会に味舌小学校代表として出場する6年1組の皆さんが、当日発表する合奏と合唱を披露してくれます。楽しみです。音楽は、音を楽しむと書きます。教科の中で「楽」という字が入っているのは音楽だけです。音楽という時間の中で、歌うことや楽器を演奏することを思いっきり楽しんでください。

 私も音楽が大好きです。小学校2年生か3年生のころ、木琴を音楽の時間に演奏したのがきっかけで、木琴が欲しくてたまらなくなり、楽器屋さんで木琴を買ってもらったことがありました。中学生になったころには、お年玉やお小遣いをためてギターを買って練習したこともありました。ピアノが欲しいと思ったこともありましたが、お小遣いを貯めて買えるものではありません。両親に買って欲しいと頼んでも、高いし置く場所もないと言われました。

 大学生のころにピアノを習いに行きました。やっとピアノと十分接する機会が来ました。ある日、ピアノの先生から、ピアノの発表会があるからあなたも来なさいと言われました。「もしかして習いに来ている子どもたちと一緒にピアノ演奏を行うのかな?」とドキドキしながら、当日、会場へ向かうと、子どもたちを並ばせたり、出番を教えてあげたりする係でした。帰る時には発表会で演奏した子どもたちとともに、花束とケーキをもらいましたが、少し恥ずかしかったのを覚えています。

 楽譜から、歌や演奏が行われるということの不思議さや素晴らしさも感じます。中学校の頃、五線紙に音符を並べて作曲の真似事をして、音楽の先生のところへ持って行ったら、すぐにピアノで弾いてくれました。自分が書いたものが演奏されている喜びを感じました。これも音楽が好きになったきっかけの一つです。この後の、6年1組の合奏や合唱が、聴いている皆さんが「音楽って素晴らしい!」「音楽、大好き!」と思うきっかけになるかもしれませんね。それでは、6年1組の皆さん、よろしくお願いします。

2018年11月14日水曜日

慌てず大切な命を守ろう!(平成30年11月14日・正雀愛育園避難訓練より)

 今日の午前10時45分ごろ、認定こども園 正雀愛育園の子どもたち、そして園長先生はじめ引率の職員の皆さんが味舌小学校へ来られました。大地震の後の津波を想定した避難訓練でした。本校も訓練に協力させていただき、5年生児童がこども園の幼児と手をつないで、避難場所である南館3階へ誘導しました。短時間ではありましたが、大切な命を守ることを意識する有意義な訓練となりました。以下、南館3階へ避難する前に、子どもたちに私からした話の要約です。

『皆さん、こんにちは!さっき正雀愛育園の先生から、正雀愛育園から味舌小学校まで避難するのにかかった時間が15分9秒だというお話がありました。この時間は、遅いということはありません。地震の後の津波、川が氾濫して洪水が押し寄せて来るまでに、少し時間があります。大切なことは、情報をきちんと集め、慌てずに命を守る行動をとることです。正雀愛育園の皆さん、味舌小学校の3階まで上がれば大丈夫です。慌てないで、3階へ避難してくださいね。

 5年生の皆さん!今、正雀愛育園の皆さんの手を握っています。握っているのは大切な命です。その大切な命を守るということをしっかり意識して、この訓練に臨んでください。東日本大震災の時にも、岩手県釜石市では、中学生が避難する姿を見て、小学生がその後を追って、みんなの命が助かった例もあります。5年生の優しさと真剣さが、たくさんの命を守ることにつながります。よろしくお願いします。』

2018年11月13日火曜日

摂津市教育センター(平成30年11月13日)

「校長先生!どこ行くの〜!」今日の午後3時前に校門を出ようとすると、一年生児童から声をかけられました。「市の教育センターへ出張!」と答えると、「ふ〜ん!」と返事がありましたが、「市の教育センターって何やろ?」と思っているのではないでしょうか?

摂津市教育センターは摂津市香露園にあります。教職員の研修、教科書に関すること、教育相談、支援教育、適応指導教室(パル)の運営、進路選択支援事業など、教育に関わることをセンターでは担当しています。

(教育センターのお悩み相談専用電話 072-637-0783)

2018年11月12日月曜日

カレー回鍋肉、中華風コーンスープ、白ごはん、牛乳(平成30年11月12日)

 修学旅行の様子をお知らせするブログに対して、たくさんの感想をいただきました。その中で、「食事のレポートが多かったですね!」というものも多くいただきました。今日のブログは給食に関するものです。

 現在、午前11時47分です。今、「検食」が校長室に届きました。15分ぐらい前にいい匂いが漂う給食室へ行ってみると、カレー回鍋肉(ホイコーロー)と中華風コーンスープが完成したところでした。大きなしゃもじを使って混ぜ、大きなひしゃくで食缶に分けます。調理員さんに話を伺うと、「安全で美味しい給食を子どもたちに届けるために頑張っています!」とのことでした。今日もありがとうございます!いただきます!

2018年11月9日金曜日

剪定・むしろ作り(平成30年11月9日)


 今日は6年生は「こころの劇場」に出かけています。「こころの劇場」は 子どもたちの心に、「生命の大切さ」「人を思いやる心」「信じあう喜び」など、生きていく上で大事なことを、舞台を通じて語りかけたいという趣旨で、一般財団法人舞台芸術センターと劇団四季が中心となって、全国の児童に演劇を届けるプロジェクトです。劇団四季のミュージカルを観て、6年生児童はどんなことを感じて帰ってくるのか楽しみです。

 本校校務員が数日間かけて、正門(北門)付近の樹木の剪定を行いました。登校中の安全確保も目的の一つですが、本校受付員に話を聞くと「見通しが良くなった」と好評です。

 児童が見やすいように、校長室にあった「味舌むしろ」を集中玄関を入ったところに移しました。「味舌むしろ」は、江戸時代から有名だったそうで、品質が良いことで評判だったとのことです。地域の伝統産業ともいえるむしろ織を今年も5年生が体験します(今月16日)。すでにわらは用意されていますが、先日稲刈りをさせていただいた後の副産物です。

2018年11月8日木曜日

未来の農業(平成30年11月8日)


 JA北大阪のご協力により、南支店の駐車場横の「人工光型植物栽培コンテナ」内の学童農園で、本校2年生がパセリ栽培に関わらせていただいています。コンテナを電車に見立てて塗装し、電車の窓の部分に本校2年生が描いた「未来の農業」の絵が展示されており、今日はその除幕式が行われました。

 「人工光型植物栽培コンテナ」での栽培は屋内なので季節や天候に左右されず、コンテナは置く場所さえあればどこにでも設置できます。さらには室内での水耕栽培であるため、除草作業や農薬散布も不要であり、まさに未来の農業です。温度調整をきちんとすれば、発芽率も高くなるそうで、年に何度も栽培・収穫することが可能です。災害時や異常気象時にも安定した収穫が可能であると、お話を聞いていて感じました。

 除幕式の後、コンテナの中を見学させていただき、待っている児童・終了した児童はJA北大阪の職員の方からパセリについて学ばせていただきました。赤い光を浴びて(パセリは赤い光を好むそうです。)、10月4日に苗を植え付けたパセリはかなり大きくなっていましたが、まだ食べられる時期ではないと職員の方が仰っていました。パセリの他にもレタスやイチゴの栽培が行われていましたが、この栽培実験が順調に進み、農業がさらに発展して欲しいと感じました。

 2週間後の11月22日に、コンテナ内で育ったパセリを2年生が収穫します。コンテナ内は一般開放されていませんが、児童の絵はご覧いただけます。皆様、ぜひご覧ください。

2018年11月7日水曜日

知っているとやってみるは全然違う!(平成30年11月7日)


 今日の午前は「マリンバ・カンパニー」をお招きして、「音楽鑑賞会」を開催しました。マリンバと打楽器による6人編成のステージは、児童の心をしっかりとらえ、音楽の楽しさを十分に感じた時間になったようです。

 私は、低学年プログラムを1,2,3年生児童とともに鑑賞しました。マリンバや打楽器の素晴らしさを際立たせる素敵な曲のアレンジ、そしてスピード感豊かな演奏に心を動かされました。低学年の部の曲目は次の通りです。(少し違う部分もありますが、高学年も概ね曲目は同じです。)

 ♪道化師のギャロップ♪ペルシャの市場にて♪組曲惑星から 木星♪クマバチが飛ぶ♪トルコ行進曲♪味舌小学校校歌♪セルベッサ♪アメリカンパトロール♪ドレミの歌♪ 剣の舞♪(アンコール)道化師のギャロップ・スペシャルバージョン♪

 音楽は楽しいものです。学校の教科としても「音楽」はありますが、音を楽しむ教科でなければなりません。けっして「音が苦」にならないようにと思っています。マリンバ・カンパニー代表の村井さん(お話と打楽器担当)から児童に向けて話していただいたことが二つ、強く印象に残っています。

 一つは「知っているとやってみるは全然違う」という言葉。知識だけでなく、体で感じ、自分もやってみることの素晴らしさを児童は実感したことでしょう!そして、もう一つは「頭の中の世界を豊かにしてください」という言葉。今日はロシア、イギリス、ドイツ、グァテマラ、アメリカなど数多くの国の曲を演奏していただきましたが、それぞれの国の様子や雰囲気が頭の中に広がりました。音楽だけでなく芸術にふれることは、世界にふれることにもなり、世界観が広がることにつながります。

 マリンバ・カンパニーの皆さん、ありがとうございました♪今後の益々のご活躍をお祈りいたします♪(※音楽鑑賞会開催には、PTAより補助をいただいております。この場をお借りしてお礼申し上げます。)

2018年11月6日火曜日

土と太陽と水の恵み!(平成30年11月6日)

 10月24日にこのブログで紹介した3年生の作品(鳥飼なす)に続いて、5年生の作品も完成しました!6月7日の田植えから、10月15日の稲刈りまでの稲の成長の様子を1枚の模造紙にまとめました。

 5年生児童の感謝の気持ちも表現したこの作品は、11月10日(土),11日(日)に市役所で開催される「農業祭」で、摂津市内の他校の小学校の作品とともに市役所1階ロビーに展示されます。3年生の作品も展示されます!ぜひご覧ください!

楽しかった?(平成30年11月6日)

 先ほど、市役所から戻りました。今日は定例の校長会が開かれ、市役所7階講堂へ行っておりました。

 ちょうど掃除が始まったばかりの時間。昇降口の前で、2年生が掃除をしてくれていました。一人の女子児童が「校長先生、おかえりなさい!どこへ行ってたの?」と私に訊ねました。「市役所!」と私が答えると、「何をしていたの?」との質問。「校長会に行ってました。」との答えには、「それなあに?」。「会議です。」との私の答えには、「ふーん。それって楽しい?」との質問。少し返答に困りました。会議はすごく長かったので、楽しくないと答えようかとも思ったのですが…。

 「君たちと一緒にいる時が一番楽しいよ!」少し間を空けての私の答えに、女子児童は「ふーん!」と言ってからニコッと笑って、また掃除を頑張っていました。

2018年11月5日月曜日

ノースポールとクラブ活動(平成30年11月5日)

 今日の6時間目、4年生以上は「クラブ活動」の時間でした。かつては4年生以上で週当たり1時間の時数が割り当てられ、時間割表にも明記されていた「クラブ活動」ですが、平成10年に改訂され、平成14年度から完全実施された学習指導要領から、各学校ごとに年間、学期ごと、月ごとなどに適切な授業時数を充てるものとすると定められています。

 かつて、中学校でも「クラブ活動」が部活動とは別に必修化されていた時代がありました。部活動は課外活動であり、入部するか否かは自由であり、一方「クラブ活動」は特別活動の一部であり、全員が必ず何かに入って、授業の一環として活動しなければなりませんでした。これは、私が中学校の頃、始まったもので放課後の部活動と区別して、「必修クラブ」と呼んでいました。

 必修クラブで、私は「菊づくりクラブ」に入っていた年がありました。課外の部活の顧問の先生や生徒指導の先生が指導を担当しておられ、「お前も入れ!」と言われ入りました。土を運んだり、植木鉢を移動したり、作業の手伝いばかりのクラブでした。ちょうど今頃の季節に、咲き誇る大輪の菊を中庭に並べ、お茶会を開いた時には、クラブ員はお茶とお菓子をいただき、何か誇らしい気持ちになったものです。

 運動場でサッカーやドッジボールを楽しんでいる児童の様子を見た後、2年生がさつまいもを収穫した後の花壇に「ノースポールギク」(寒白菊)の苗が植えられているのを見て、いろいろ思い出していました。中学校の「クラブ活動」はその後、部活動への全員入部を以って実施したとみなすことができるとなり、今では学習指導要領にはその表記はありません。

2018年11月2日金曜日

15,394(平成30年11月2日)


 「15,394」この数字は、このブログの11月2日13:45現在のページビュー履歴(4月9日から11月2日までの207日間の間にブログをご覧いただいたのべ回数)です。1日当たり約74回のページビューがあり、発信する側としてもやる気と元気が出ます。

 保護者の方からも「見ています」、「わかりやすいです」などのお声をよくいただきます。これからの学校は発信が何より重要であると考えています。ご覧いただいているという実感を得ることのできるこの数字を励みに、今後も私の考え、感じたこと、児童に話したこと、学校での出来事など、このブログを通して広く発信してまいります。皆さん、ご覧いただきありがとうございます。

2018年11月1日木曜日

ごめんなさいは始まりの言葉(平成30年11月1日・朝会にて)

 味舌小学校の皆さん、おはようございます。今日から11月です。朝晩、寒さを感じることもあります。風邪などひかぬよう、健康管理には十分留意してください。

 さて、昨日はハロウィンでした。ハロウィンにも行う意味があります。ニュースで見た人もいるかもしれませんが、街の中で大騒ぎして、車をひっくり返したり、ものを壊したり、ごみだらけにして、迷惑をかけている人がたくさんいたようです。以前、私がアメリカのノースカロライナ州のウィルミントンという街を訪ねた際、たまたまハロウィンの日でした。街中、かぼちゃをくりぬいて作った飾りが見られ、泊まっていたホテルのフロントの人も仮装をしたりして、雰囲気はいつもとは全く違ったものになってしまっていました。でも、大騒ぎをするわけではありません。それは、この行事の意味を知っているからです。日本にもたくさんの行事がありますが、その意味をしっかり学んで楽しんでください。

 もう一つのお話は、「ごめんなさい」という言葉です。人に迷惑をかけてしまったり、人の嫌がることをしてしまった時に、相手にごめんなさいを言うことは必要なことです。でも、それが終わりではけっしてありません。された側は、されたことを忘れません。許すことはあっても忘れることはないのです。かつて大阪府警が、警察官募集のポスターに「ごめんですんだら、警察いらんわ!!」というコピーを入れて、話題になったことがあります。そうです。ごめんですむことはないのです。ごめんなさいの後に、信頼・信用を回復することが必要です。覚えておいてください。「ごめんなさいは始まりの言葉」なのです。