2018年8月16日木曜日

花が咲く学校(平成30年8月16日)


 味舌小学校の玄関前をはじめ、いろいろなところで今きれいに咲いているこの花、名前は「京ちゅらか」といいます。栽培農家が少なくあまり出回っていないと聞いたことがありますが、ポーチュラカの品種の一つだそうです。

 肥料が多過ぎても、少な過ぎても花が咲かないそうですが、本校校務員が毎日ていねいに世話をして、見事に開花しています。

 花は人の心を癒してくれます。花が咲く学校は優しい学校だと思います。10月ごろまで京ちゅらかの花を楽しむことができると聞いています。皆さん、ぜひご覧ください。

2018年8月15日水曜日

かぶと虫(平成30年8月15日)

 
 8月15日です。夏休みも残りは約10日になりました。私の自宅近くの池で、蓮の花がきれいに咲いています。

 校長室の月予定表に、季節のイラストを描いています。今月はかぶと虫です。ついこの間までは、鰻と蚊やり豚を描いていました。

 かぶと虫を私が小学生の頃、よく飼いました。せっせとスイカ(本当はかぶと虫にスイカを与えるとよくないと知ったのはかなり後のことでした。)を与え、腐葉土を敷いて、卵を産ませて幼虫を育てたこともありました。

 最近では、北海道の雑木林でかぶと虫が見つかることがよくあるそうです。小学生の頃に読んだ本には北海道には生育しないと書いてありましたが、地球温暖化と飼育していたものが逃げ出したりしたことが影響しているのではないでしょうか?

 私がそうだったように、今も小学生たちはかぶと虫が大好きなのでしょうか?

2018年8月14日火曜日

向日葵(ヒマワリ)(平成30年8月14日)

 中庭に2本のヒマワリが咲いているのを、児童の皆さんは知っていますか?一つは少し花の元気がなくなってきましたが、もう一つは今が一番きれいな時ではないでしょうか。

 ヒマワリは、別名 日輪草とも呼ばれています。英語ではサンフラワー、フランス語ではソレイユ。大きな一つの花が咲いているように見えますが、実際には多数の花が集まって一つの花の形を作っています。これはキク科の植物に見られる特徴だそうです。そう、ヒマワリはキク科の植物なのです。

 小学校の時には、夏になればヒマワリやアサガオの観察をよくしたものです。私の家族は向日葵が大好きで、季節になればヒマワリの花を買ってきたりもします。そう言えば、以前飼っていたインコもヒマワリの種が大好物でした。

 児童から見られることもなく、ひっそりと咲いている中庭のヒマワリですが、もう少し私を楽しませて欲しいです。

2018年8月13日月曜日

静かな朝(平成30年8月13日)


 お盆休みの方が多いのでしょうか、静かな朝でした。(と、言ってもセミは相変わらず元気に鳴いていましたが…。)自転車で学校まで来ましたが、途中、自転車も少なく、自動車も少なく、がらんど水路や大正川堤防を散歩する人の数も少なかったです。

 気温は上昇中!12時現在、摂津市は34℃近くあるのではないでしょうか?7月末の台風の時以来、ほとんど雨が降っていないように思います。天気予報では午後から少し降水確率が高くなっていますが、どうなのでしょうか。全国的には雷雨の予報も各地で出ているようです。雷はたいへん恐ろしいものです。今から30年前、寝屋川市の小学校で落雷があり、6年生児童1人が亡くなり、1人が負傷しました。

 夏休みももうすぐ終わりという8月25日(当時は夏休みは府内ほぼどの市町村の小中学校も8月31日まで夏休みでした。)に起こった出来事で、その日、私は勤務校で水泳指導をしていましたが、雨が激しく降り出し、雷鳴が聞こえたので途中で打ち切り、児童を一時避難させた後、雷鳴が遠くなってから下校させました。

 停電が発生して、学校近くの信号が消えてしまったりしていましたが、校庭で落雷により6年生児童が死亡したという寝屋川のニュースを聞いて驚きました。と、同時に雷は恐ろしいという思いをさらに強く持ちました。数年後、高槻市でもサッカーの大会中に高知県の高校生が落雷に遭い、重体になるという事件もありました。幸い意識は取り戻したそうですが、重い後遺症が残ったと聞いています。

 雷から身を守るためにはどうすればよいか、気象庁のホームページ(https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/toppuu/thunder4-3.html)をぜひご覧ください。自然災害は発生します。しかし、対応方法を知れば、そして、それに基づき行動すれば、自らを守れるのです。

2018年8月10日金曜日

わかれ道(平成30年8月10日)

 父の話をこれまで児童に何度かしてきました。「登校日に話した出来事」のあった8月8日が過ぎ、そして間もなくお盆がやってきます。父を思い出します。父は国鉄職員でしたが、「国鉄」と言っても、「?」という人が増えてきました。

 高松市の丸亀町商店街で、祖父は万年筆店を営んでいました。「万年筆」と聞いて、「?」という若い方もいるかもしれません。私は中学に入学した時も、高校に入学した時も、親戚から万年筆をお祝いにいただきました。

 いろいろ思い出していると不思議に思うことがあります。もし、ずっと店を続けていたら、どうなっていたのでしょうか?きっと父の人生も全く違ったものになっていたに違いありません。

 今では分割民営化されていますが、かつては国鉄は全国を走る鉄道でした。私が小中学生の頃、何度も父には転勤の話があったと、後になってから聞かされました。大阪府の高槻市や茨木市で育ってきた私ですが、もし、父の転勤が実現していたら、私も引っ越していたと思います。私が教員になるきっかけとなった恩師との出会いもなかったことになります。

 人生は不思議です。今の私は、たくさんの私の周りの人や私につながる人が生きる中での出来事や、わかれ道での判断の結果として存在します。もちろん、私もいろいろな選択や決定をしてきました。そして、そのことがいろいろな影響を残してきています。

 かけがえのない毎日。生きることは難しいが面白い。いろいろ思い出していて、改めてそう思いました。

2018年8月9日木曜日

気温ただいま31℃(平成30年8月9日)

 暑さ指数が31℃を超えると、運動は原則中止と環境省から発表されます。暑さ指数とは、湿度・日射、輻射など周辺の熱環境・気温の3つを取り入れた指標です。11時頃、体育館に備え付けている「熱中症予防対策温湿度計」を見に行ってきました。これによって、暑さ指数がわかります。(表が温湿度計の下にあります。)

 11時6分の味舌小学校体育館内の暑さ指数は29℃でした。(室内ですので、この数字は室内の温度と湿度から導かれます。)これは厳重警戒のレベルで激しい運動は禁止とされています。閉め切った状態ですので、窓を全開にすれば指数はもう少し下がるかもしれません。

 ちなみに暑さ指数の摂津市近辺の観測点(枚方市)では、12時現在29℃。この後30℃に上昇すると予測されていますが、今日は運動は原則中止のレベルに達することはなさそうです。

 とは言っても、曇っていますが気温は現在31℃。熱中症には十分注意する必要があります。体育館を利用される団体の皆さん、運動前に、温湿度計と暑さ指数の表を必ずご覧ください。

小中学校全体研修会(平成30年8月8日)

 昨日の全体研修は、実り多い3時間余りでした。教育長からは、改めて管外視察の意義についてのお話があり、「摂津市と同様の課題に向き合い、成果を残している他の自治体の学校から学ぶことは大変重要である」ことを改めて認識しました。学校の中だけでいると、また摂津市の中だけでいると、自分たちの取組みが見えてこないこともよくあります。先進的な取組みに学び、客観的に摂津市や自校の取組みを見つめることから、改善や新たな発想が生まれるのだと思います。

 「不登校を減らすためには魅力的な学校をつくり、新たな不登校児童生徒を生み出さないことが大切」「中学校へ進学した時に必要なことはリセットではなく、小学校で効果のあった取組みのリピート」、「いじめを認知できていないケースで苦しんでいる児童生徒がいる」「事案を表面的に見ることなく、多面的多角的に見取ることが必要」など、学校教育課からのメッセージによって、児童生徒にとって大切な教育環境とは何かを改めて考えさせられました。

 味生小学校、千里丘小学校、五中校区からの発表によって、大きな刺激を受けたのは私だけではないと思います。児童生徒の現状を的確につかみ、誰もが安心できる場としての学校づくりの取組みは、どの学校においても重要なことです。他校の取組みから学び、自校においても学級が、授業が、そして学校そのものが、児童にとっての居場所となるようにしたいとの思いをさらに強くしました。

 一中校区、二中校区の管外視察の報告からは、摂津市と同じ課題のある高知県及び沖縄県の自治体の小中学校の取組みの紹介を通じて、小中一貫教育の大切さと、授業改善の必要性を改めて感じました。特に授業については、何のために学ぶのかということと学んで何をつかめたかを指導者も児童生徒もきちんと確認すること、そして学んだことを定着するための取組みを継続することを、自校でも徹底したいと思いました。なお、一中校区の報告は、本校教員も行いました。(写真はその場面)

2018年8月8日水曜日

成長(平成30年8月8日)

 ほぼ同じ場所から撮った写真です。成長の跡がうかがえます。まず5月14日(3年生が植え付けした日)と8月8日の鳥飼なすの様子。立派に成長しています。今は背が高くなったので、上から吊って支えをしています。次に6月12日(5年生が田植えをしてから5日後)と8月6日の稲の様子。株が太り、背も高くなっています。逞しささえ感じます。

 一昨日の平和登校日に、久しぶりに会った児童もいます。わずか2週間余りの間に、大きくなったなあと感じたりもしました。暑い毎日がこの一月続いていますが、かけがえのない時の流れの中で、日々児童は成長しています。その様子をしっかり見守りたいと思います。

 午後からは、摂津市の小中学校の全体研修会。小中学校の教職員が市民文化ホールに集まっての研修です。約3時間、しっかり学んできます。

2018年8月7日火曜日

静かな学校で行われていること(平成30年8月7日)

 昨日は平和登校日でした。全体出席率は80.8%。この数字をもっと高くできるように、さらに取組みの充実を図りたいと考えています。昨日、広島平和記念公園で行われた平和祈念式典では、広島市の小学生の代表二人が「平和への誓い」を読み上げました。その後半部分は、大変印象深く心に残りました。紹介します。「平和とは、自然に笑顔になれること。平和とは、人も自分も幸せであること。平和とは、夢や希望を持てる未来があること。苦しみや憎しみを乗り越え、平和な未来を作ろうと懸命に生きてきた広島の人々。その平和への思いをつないでいく、私たち。平和を作ることは、難しいことではありません。私たちは無力ではないのです。平和への思いを折り鶴に込めて、世界の人々に届けます。73年前の事実を、被爆者の思いを、私たちが学んで心に感じたことを、伝える伝承者になります。」私も昨日は、父に代わって平和への思いを語ろうと、児童に話をしました。夢や希望を持てる未来づくりのためにも、私は語り続けたいと思います。

 今日は、学童保育室の児童を除いて登校している児童はありません。静かな、静かな味舌小学校です。登校日までに北館エレベーター棟の工事を終え、足場を撤去しました。登校日を終えた今日は、南館4階の配膳室の雨漏りの修繕工事のための足場を組んでいます。新学期が始まるまでに工事は終了する予定です。また、校内の壁のペンキ塗りも昨日午後から始まっています。現在気温は34℃。暑い中、児童の声が学校に戻ってくるまでに環境を整えようと、急ピッチで作業が進められています。

2018年8月6日月曜日

平和登校日(平成30年8月6日・全校児童への話(VTR)より)

 味舌小学校の皆さん、おはようございます。73年前の今日、広島に、そして3日後の9日には長崎に、原子爆弾が投下され、多くの方が亡くなられました。

 戦争は、多くの方が亡くなったり、けがをしたりするものなのです。6月の朝会では、私の父から聞いた話として、昭和20年の7月4日の香川県高松市の空襲のことを皆さんに伝えました。爆弾やミサイルが破裂する場所では、戦闘機や空母、戦車が使われる場所では、多くの人々が苦しい思いをしていると話したのを覚えていますか?国と国の関係がうまくいかない時の解決の方法として、武力を用いることはあってはならないと皆さんに話しましたね。

 今日は父から聞いた話の続きです。空襲で家が跡形もなく焼けてしまった父は、荷物を疎開させていた場所へ父の母(私の祖母)と疎開しました。8月のある日、ため池で泳いでいた父は、アメリカ軍の戦闘機の機銃掃射を受けました。慌てて物陰に隠れたそうですが、パイロットの顔が見えたそうです。

 その数日後、父の姉(私のおば)が瀬戸内海で機銃掃射を受けて亡くなったので、遺体を高松の港まで引き取りに来るように知らせが入ったので、大急ぎで父は母親と港まで出かけました。

 変わり果てた姉の姿。静かに眠っているようにも見えましたが、お腹にはぐるぐる包帯が巻いてあり、血が滲んでいたそうです。そこにいた人が、「姉さんがあんたのために持って帰ろうとしていたりんごや。食べなさい。」とりんごを渡してくれたそうです。父は泣きながらそのりんごをかじりました。

 父の姉さんは、当時二十歳。小豆島で働いていました。7月の空襲で自分の家が焼け、家族の無事は聞いていましたが、とにかく早く会いたいと思っていました。そんな思いの中、ようやく8月8日に休みが取れ、高松行きの船に乗り込んだのでした。

 船が高松に近づいた時、アメリカ軍の3機の戦闘機の機銃掃射を受けました。1機目の機銃掃射で甲板にいた人の何人かが犠牲になりました。父の姉は物陰にいて無事でしたが、甲板に置き忘れた荷物を取りに出た時に、2機目の機銃掃射を受けました。背中からお腹を弾丸は貫通し、内臓が飛び出しそうになっていたそうです。3機目は機銃掃射をせずにそのまま飛び去りました。

 上半身が砕けたようになって生き絶えた人。足がちぎれた人。甲板は凄惨な状況でした。父の姉は、お腹を自分でおさえ、医務室へ行きました。包帯をお腹に巻いてもらいましたが、「お母さん、お母さん」と言いながら息を引き取りました。後日、一緒に高松へ帰ろうとしていた人から、父はその時の様子を聞きました。

 8月8日が近づくと父は家のベランダからいつも夜空を見上げていました。そして涙をこぼしていました。父の姉が取りに戻った荷物の中には、弟に食べさせるためのりんごが入っていたのです。「姉ちゃん、りんご取りに戻らんかったらよかったのに」嫁ぐことも決まっていた大切な娘を亡くした父の母(私の祖母)も「かわいそうなことをした」と亡くなるまでいつも言っていました。

 尊い命が失われ、そして残された家族の心にも、いつまでも心に大きな傷跡が残るのが戦争なのです。父はいつもそう私に話してくれました。父は昨年亡くなりましたが、私は父に代わって、父の思いを語り続けたいと思います。

 今日の登校日、この後、戦争はカッコいいものではなく、人の命が大切にされないものだということを、皆さん学んでください。

2018年8月4日土曜日

閉会挨拶(平成30年8月3日・一中校区合同研修にて)

    皆さん、3時間半にわたる長時間の研修、お疲れ様でした。また、本日の一中校区合同研修の準備や運営に携わっていただいた担当の方々、ありがとうございました。

    さて、次期学習指導要領は2030年を見据えたものだと言われているのを皆さんはご存知でしょうか?東京オリンピックから10年後、子どもたちが社会に出て、どう生きていくのかを考えて、力を育むことが求められています。

    2029年には人工知能は一人の人間の能力を上回り、2045年には常識を持った人工知能が実用化され、多くの人間は職業を失うとも言われています。教員はなくならない仕事だとある本には書かれていましたが、2045年には鉄腕アトムやドラえもんのような人工知能を持つロボットが活躍するとも言われており、安閑としてはいられません。

    そんな中、今子どもたちに教育で育まなければならないものは、自分で学ぶ力と知的好奇心ではないでしょうか?様々な環境の中で、自分で考え判断し、常に何故なんだろう?もっと学びたい、知りたいと思えるような子どもに育てていく必要があると考えています。

    もちろん、そのような態度や能力は教職員にも求められます。今日の全体会で学んだ多様性を認めることの必要性は、教育の基盤になることでしょうし、各分科会での活発な議論は、自分も学ぼう、新しいことを知りたいという意欲の表れであったように感じました。

    私の教え子にモノレールの運転士がいますが、万博記念公園駅で運転士を交代する時、お疲れ様!よろしく!と声を掛け合っている様子を見たことがあります。目的地へ向かう車両と続いていくレール。そして、労いと励まし。一中校区の小中連携、一貫教育も、ぜひこうありたいと思っています。

    今日を機会に、児童生徒のためにさらにつながりを深めたいと考えます。今後ともよろしくお願いいたします。

2018年8月3日金曜日

かぼちゃのつる(平成30年8月3日)

    今日も暑いです。この暑い中、エレベータ棟の修繕工事も足場を解体するのみとなりました。地震から約一月半。校区でもまだまだ被害の跡は残りますが、一歩ずつ一歩ずつ、元の生活に戻りつつあります。工事に携わってくださった皆さん、あと一歩です!お疲れ様です。そして、ありがとうございます。

 うるおいの庭のかぼちゃのつるが外にはみ出して伸びているのを見て、道徳の教科書(摂津市で使用している教科書では1年生)の教材「かぼちゃのつる」を思い出しました。自分のわがままで伸びたいようにつるを伸ばしていたかぼちゃが、つるをトラックに轢かれて泣いているという話ですが、これははたしてわがままなのかということが、研修でも議論になります。実物を見て授業をすれば、1年生はどんなことを考えるのだろう?と、私はうるおいの庭で思っていました。

2018年8月2日木曜日

履き物揃える味舌の子(平成30年8月2日)

 さっきまで体育館内で作業をしていました。室温は32℃。窓を開け、サーキュレーター(PTAで3台購入していただきました。ありがとうございました。)を運転させたところ0.4℃下がりましたが、それでも汗がポタポタ流れ落ちました。

 プールからは児童の元気な声が聞こえます。うれしい限りです。ただ、残念なこともあります。脱いだ履き物の乱れが目立ちます。心の乱れや落ち着きのなさは、脱いだ履き物の状態を見ればわかるとも言われています。更衣室へ向かうために脱いだ履き物が散乱していたり、プール前のサンダルも乱れたりしています。(写真の様子は、私が少し直した後です。)夏休み中の様々な事故をいつも心配していますが、心を整えることも事故を防ぐためには大切です。

 以前にもこのブログで自分が脱いだ履き物を揃えようと呼びかけましたが、改めて言います。「味舌小学校の児童の皆さん、自分の脱いだ履き物をきちんと揃えよう!」もちろん、私たち大人も心がけます。

2018年8月1日水曜日

今日から8月!(平成30年8月1日)

 今日から8月!今日を入れて、夏休みはあと26日間です。児童の皆さん、見通しを立てて計画的に、そして普段できないことにチャレンジする夏休みを過ごせていますか?

 屋内で泳ぐこともできますが、やはり夏は水泳の季節です。学校の夏休みの水泳指導にも参加して、泳ぎが上達することをめざしましょう!今日の水泳指導に参加した児童は、全児童数の約50%でした。

 つい先ほど、13:24の運動場の気温は37.6℃でした。これは、直射日光の当たらない場所でしたので、日なたでは40℃あるのではないでしょうか?夏休みの水泳指導も明日の指導の後はしばらくお休みで、21日から再開します。

 暑い暑い日が続きます。水泳指導に参加できていない児童の中には、体調を崩して欠席している人もいるのでは?と心配しています。よく食べて、よく眠って、体調管理には十分注意しましょう!

2018年7月31日火曜日

校長先生!(平成30年7月31日)

    第69回近畿小学校長会協議会研究大会に朝から参加しています。

    写真は今大会のテーマです。近畿各府県の小学校は約2,800校ありますが、その内、1,500人近い校長先生(大阪府からは347人)が神戸コンベンションセンターに集まり、この大会で学んでいます。

    間もなく午後の分科会が始まりますが、参加者は全て小学校の校長先生。ここで「校長先生!」と大きな声を出せば、皆さん振り返るのかなぁ?などと午前の講演会の時、思いました。(座席はブロック指定で後ろの方に座っていました。)普段、学校内で校長は一人なので、何か不思議な感じです。

    これからの時代にどう学校経営をしていくのか?他校の実践から学び、協議によって考えを深めたいです。

2018年7月30日月曜日

台風が去って…(平成30年7月30日)

 東から西へ針路を取った台風12号。一昨日深夜から昨日の明け方まで、強い風雨のため、私も心配な夜を過ごしました。私の家の前の街路樹は風に大きく揺れ、激しい雨が家の壁を打つ音で眠れませんでした。地震や大雨で被災された方々は、私よりももっと不安な時間を過ごされたことと思います。ご近所で、屋根瓦にブルーシートを張っておられる家も、そのブルーシートがめくり上がったりしていました。

 朝から学校内を点検していました。実は台風の時、強風で飛んだものが、プールの夜間警備のセンサーに引っかかり、警報機が作動したりもしていました。以前からの雨漏りがあった箇所で雨漏りが見られたものの、幸い校内には大きな被害はありませんでした。

 プールの点検時に、赤とんぼと出会いました。地震、大雨、酷暑、台風…。いろいろなことが起こっている今年の夏ですが、季節は一歩ずつ、進んでいるのですね。とは言っても、今週からまた暑い日が戻ってくるとの予報です。熱中症対策は引き続き必要です!

2018年7月27日金曜日

暑い中…(平成30年7月27日)

    昨日までと比べると暑さがは少し和らいだ、7月27日金曜日の朝です。とは言っても現在の気温はおよそ30℃。この後も32℃から33℃まで上昇することが予想されています。

 暑い夏ですが、5年生が植えた稲は、たくましく育っています。田の持ち主の木下さんが世話をしてくださっています。5年生の皆さん!成長の様子をしっかり観察してくださいね!

 地震で損壊したエレベーター棟の修繕工事も順調に進んでいます。北館に付け足す形でエレベーター棟は建築されていますが、北館とエレベーター棟をつなぐエキスパンション・ジョイントの部分を修繕中です。現在、内部の工事を終え、外部の工事に取り掛かっています。これも暑い中での作業です。

 稲の成長、修繕工事に共通して心配なのが台風の接近です。いつもとは違った進路が予想される台風12号ですが、近畿地方では、明日から明後日にかけて影響が出る可能性があると聞いています。台風情報に十分注意しておく必要があります。

 水泳指導を今日も行っています。先日お知らせしたように、ミストシャワー散布やプールサイドへの散水、準備体操をプールサイドなどで行うなどの対応を継続しています。参加する児童の皆さん、「早寝・早起き・朝ごはん」でしっかり体調管理に努めてくださいね!

2018年7月26日木曜日

本日、校内研修!(平成30年7月26日)

 校長室の窓を打つ雨音が聞こえます。夕立です。今日も暑かったですが、少しこの雨で暑さも和らぐかもしれません。

 本日、本校では校内研修を終日実施しました。午前中(9:00〜11:20)は「外国語(英語)」の授業づくり研修。再来年度から完全実施される新しい小学校学習指導要領では、5,6年生において教科としての外国語が年間70時間実施されます。すでに、本校でもその準備として5,6年生の外国語活動の時間を年間35時間から50時間に増やしています。また、再来年度から3,4年生において外国語活動の時間が年間35時間実施されますが、こちらも準備として年間15時間の授業時間を設けています。
 学習指導要領に定められている、教科「外国語」の目標は「外国語によるコミュニケーションにおける見方・考え方を働かせ,外国語による聞くこと,読むこと,話すこと,書くことの言語活動を通して,コミュニケーションを図る基礎となる資質・能力を次のとおり育成することを目指す 」と定められていますが、それを実現するための授業をどのようにつくるのか、実技も含めての研修でした。

 午後(13:30〜16:30)は、「人権教育研修」。児童にとって安心できる学級集団づくりと児童の自尊感情を育むための授業づくりをテーマとしての研修でした。味舌小学校として、何を大切にして教育活動を行い、どう児童の力を伸ばしていくのか?具体的に何を進めていくのかについて、講義をもとに協議しました。

 この後、8月3日午前校内研修、さらには同じ日の午後には一中校区での小中合同研修、8月6日午後校内研修、8月8日午後には摂津市教職員の全体研修が予定されています。

2018年7月25日水曜日

今日も暑かった!週末は台風北上?(平成30年7月25日)


 今日も暑い一日でした。枚方や豊中では、最高気温が38度を超えていたとのこと、摂津でもそれに近い最高気温を記録したのではないでしょうか?写真は、午後3時の味舌小学校のプールです。今日の水泳指導は、体育館前のミストシャワー散布を午前8時過ぎから始め、準備体操はシャワーを浴びてからプールサイドで行い、水泳の合間には給水タイムを設け、プールサイドには何度も水を撒いて実施しました。

 ご家庭にお願いがあります。水筒をプールサイドの所定の置き場に並べるよう児童に指示しましたが、水筒を持参していない児童が少なくありませんでした。水泳指導などで登校の際には、児童に水筒を持参させるように、よろしくお願いいたします。また、できる限り複数での登下校につきましても、引き続きお願いいたします。

 週末は台風12号の北上に伴い、明後日27日ごろからは暑さが和らぐとの予報が出ています。暑さの和らぎはうれしいことですが、台風の接近するエリアは風雨が心配です。また、台風が去った後の8月は再び猛暑との予報です。引き続き、熱中症対策が必要です。

小学校の道徳科では、今年度から教科書を使用しています。(平成30年7月25日)

    平成29年3月に告示された新しい小学校学習指導要領は、再来年の4月から本格実施されます。学校教育を通してよりよい社会を創るという理念のもと、社会に開かれた教育課程の実現をめざし定められた今回の学習指導要領の一つの柱として、「特別の教科 道徳」があります。

 すでに、現行の学習指導要領が3年前の3月に一部改正され、道徳については今年度より「特別の教科 道徳」として、一足早くスタートしています。昨年度には、小学校道徳についてのみ教科書採択が行われ、この4月から教科書を用いた道徳の授業を実施しています。

 今回の教科化は、大津市で生起した中学生のいじめ事件を受け、二度とこのような痛ましいことを繰り返さないためにも、いじめ問題をはじめ、子どもたちの身のまわりの具体的な事例に関して、自分はどう考えるのか、自分はどんな行動をとるのか、しっかり考え、議論し、自己を見つめ、児童に他者とともによりよく生きるための基盤となる道徳性を養うことをめざしています。

 本校でも、今年度の重点研究教科の一つとして、道徳科を位置付け、研究授業や研修を行っています。もちろん、学校における道徳教育は、学校の教育活動全体を通じて行うものですし、社会で自立できる人づくりをめざすためには、家庭や地域と連携した取組みが必要です。様々な活動の要となるものが、教科書を用いた「特別の教科 道徳」の授業だとされています。ご家庭で、道徳の教科書をぜひご覧ください。(摂津市教育センターや市役所6階教科書センターでも、道徳をはじめ小中学校の教科書をご覧いただけます。また、今年度は中学校の道徳の教科書の採択の年です。来年4月より中学校でも道徳の教科書を使用します。)

2018年7月24日火曜日

アメリカ、デスバレーでは52.0℃を観測!(平成30年7月24日)

    摂津市の気温は、現在38度近くになっているそうです。この暑さ、「命に関わる危険な暑さ」と言われています。北極圏でも異常な高温を記録したり、アメリカやカナダでも記録的な高温のニュースが報じられています。アメリカのカリフォルニア州「デスバレー」では、52.0℃が観測されたとのことです。

 ずいぶん前のことになりますが、大学時代の恩師とレンタカーでアメリカを旅した時に、デスバレーに行ったことがあります。ラスベガスからヨセミテ公園へ移動中のことでした。あれは、8月のことでした。デスバレーでは気温が50度を超えることもあるらしいと聞き、乾燥した盆地の様子を一目見ようと向かったのですが、あまりの暑さのせいか、車のエアコンが作動しなくなりました。バス停のような日陰になる場所を見つけたので、その前に車を停め、少し休憩しようと考えましたが、とにかく暑い!その日は47℃ぐらいだったそうですが、ものすごい暑さでした。そこに一枚のポスターが掲示されていました。「もし車が故障した時はじっとしていろ!無駄に体力を消耗するだけだ。人はめったに来ない。だから探しに行くな。ひたすら待て!」とにかくこの場を脱出しようと、写真を1枚だけ撮って、デスバレーを後にしました。エアコンは、その後30分ほどして動き始めました。

 7月16日から22日までの1週間で、熱中症の症状で救急搬送された人は、全国で22,647人にのぼり、このうちの65人が亡くなられたそうです。以前にもご紹介した、環境省熱中症予防情報サイト(http://www.wbgt.env.go.jp/)をぜひご覧いただき、熱中症にご注意ください。

2018年7月23日月曜日

校長先生!プールの水が温かいです!(平成30年7月23日)

 今日から夏休みの水泳指導が始まりました。私は朝7時半ごろに出勤したのですが、その時点でも暑くて汗びっしょり!3,4年生の水泳が始まる前に、体育館入り口前のミストシャワー散布を行いました。

 今日は、埼玉県熊谷市では41.1℃を記録し、国内最高気温の記録を更新したそうです。その他名古屋は39度を超え、東京都心でも38度超え、大阪も37℃超えと、暑い暑い日となっています。この猛暑、さらに2週間程度は続くとみられています。

 4年生の児童が水泳指導を終え、帰る前に私に言いました。「校長先生!プールの水が温かいです!もっと冷たくしてください!」そんな要望(?)を聞いて、校長室に戻り手を洗うと、蛇口から温かい水が出てきました。

 皆さん、しっかり食べて、しっかり睡眠をとって、こまめに水分を補給して、熱中症を防ぎましょう!

2018年7月20日金曜日

計画を立て、何かをやりとげよう!(平成30年7月20日・終業式にて)

 5年生の皆さん、おかえりなさい!林間学校は、5年生が仲良くなり、体験活動を通してたくましくなるための行事でした。これからの行事や学年での活動に、今回の成果がきっと表れると期待しています。まず、疲れをしっかり取ってくださいね。

 さて、明日から37日間の長い夏休みです。私が小学生の頃は42日間の夏休みで、8月末までの休みでした。夏休みを迎えたころは張り切っているのですが、長い休みだからまあ7月の間は思いっきり遊ぼう!と宿題をほとんどやっていませんでした。8月に入ったらお盆のころから頑張ろう!お盆に入ったら、お盆を過ぎたら頑張ろう!そして、父親の仕事の関係で8月20日ごろから短い家族旅行に出かけたことも何度かあり、その時は旅行から帰ったら頑張ろう!と思ったものでした。結局、気が付けば夏休みも残り一週間。大慌てで宿題をしたものです。皆さんは、小学生の頃の私のようにならないよう、しっかり計画を立てて、宿題などに取り組んでくださいね。

 長い夏休み、ふだんなかなかできないことに取り組んでみましょう!私が小学生の頃、夏の高校野球を全部テレビで観ようと考えたことがありました。母親にはテレビばかりはあかん!と叱られましたが、全国の都道府県や各地の特産品などを覚えることが出来ました。また、父親が甲子園球場に連れて行ってくれたりもしました。ちなみに私の弟は、毎日昆虫採集に出かけていました。

 計画を立てて、何かをやりとげる!充実した夏休みにするためのキーワードです!では、皆さん、楽しい夏休みを!

2018年7月19日木曜日

明日は終業式!(平成30年7月19日)

 5年生は林間学校から無事に戻ってきました!出迎えに来てくださった保護者の皆様、ありがとうございました。
  明日は1学期の終業式です。地震により損壊した北館エレベーターの修繕工事も始まりました。摂津警察のパトロールも行われています。安全・安心は何より大切です。安全・安心、そして笑顔の夏休みになりますように!
 今日も暑かった~!明日も猛暑が予想されています。

主のいない教室…(平成30年7月19日)

 各地から熱中症の被害のニュースが報じられています。「危険な暑さ」という言葉も見出しになっていました。摂津市では、午後2時ごろ、38℃まで気温が上昇すると予報が出ています。くれぐれも皆さん、熱中症には気をつけてください。

 さて、5年生は林間学校2日目。「皆、元気!」との報告が朝から入っています。(味舌っ子はこちらから!http://mashitapiyo.blogspot.com/)さっき、3階の5年生の教室へ行ってみましたが、静かでした。当然と言えば当然ですが、寂しいですね。今頃、川遊びを終え、昼食の準備に入っているのではないでしょうか?午後3時ごろ帰校予定です。楽しかった思い出と少したくましくなった姿をおみやげに、無事に帰ってきてくださいね。

2018年7月18日水曜日

5年生、林間学校へ!(平成30年7月18日)

 午後7時を回りました。予定ではキャンプファイアーがスタートしています。カレーライスは美味しく作れました!と先ほど引率の先生から報告がありました。先月発生した地震の影響で延期になり、今日と明日の2日間で実施する5年生の林間学校!どうか、いつまでも忘れられない楽しい思い出をたくさん作って欲しいです。(「味舌っ子」では、林間学校の速報を掲載しています。http://mashitapiyo.blogspot.com/

 今日の最高気温は36℃を上回っているようですが、もっと暑いように思います。朝、5年生が出発する頃には元気よく鳴いていたクマゼミですが、昼間は鳴き声を聞くことができません。時折、遠くの方で雷鳴が響いていました。児童が下校する時間帯に、校区を自転車で45分間走ってきたのですが、本校児童の登下校を見守っていただいている交通専従員の方々とお会いすることが出来ました。今日お会いした方以外にもたくさん交通専従員の方がおられます。暑い中、ありがとうございます。

 子どもの安全を脅かす事案に不安を感じますが、摂津警察でも見回りを行っていただいています。また、味舌小学校区ではたくさんの方が児童を見守ってくださっています。

2018年7月17日火曜日

一中校区地域教育協議会総会(平成30年7月17日)

 今夜、一中の会議室で、一中校区地域教育協議会総会が開催されました。学校を核に地域の教育コミュニティを確立しようと、今からおよそ20年前に立ち上がった各中学校区の地域教育協議会は、児童生徒の健やかな成長を願って、活発な活動が展開されています。

 立ち上げの頃、市の教育委員会事務局に勤務していた私は、大阪府教育委員会の担当課の方々に「摂津市ではこんな取組みを行います!」とプレゼンを行ったことを懐かしく思い出します。

 その頃よりも参加団体は増え、行う事業も増えています。また、参加団体の代表の方々は、それぞれ熱い思いを持って会議に臨んでおられます。
 
 皆さん、地域教育協議会(すこやかネット)に是非とも注目してください!

2018年7月13日金曜日

防ごう!熱中症!(平成30年7月13日)

 夏の高校野球は今大会が第100回!記念大会ということで大阪や神奈川など7府県では代表校が1校から2校に、地区を二つに分けて代表を決定します。高校野球でも選手や審判の熱中症対策が実施されていますが、スタンドで応援する人にも水分補給を行うよう呼びかけています。

 現在、摂津市の気温は33℃!暑いです。味舌小学校の運動場も暑いです。明日からの三連休は、最高気温が35℃を超えることが予想されています。どうか、皆さん、熱中症には十分お気をつけください。もちろん予防が大切ですが、なってしまった時の適切な対応も重要です。環境省の熱中症予防情報サイト(http://www.wbgt.env.go.jp/)には、熱中症に関する様々な情報・対策・対応などがアップされています。ぜひご覧ください。

2018年7月12日木曜日

みんなで育もう!つながりのまち摂津!(平成30年7月12日・朝会にて)

 ちょうど一週間前の木曜日、夜の11時に安威川の水の量が多くなり、避難準備情報が摂津市において発令されました。「避難に時間がかかる方は避難の準備を始めてください」という情報です。味舌小学校が避難所になるということで、私は12時頃に学校に来ました。市役所の担当の方がすでに学校のカギを開け、避難所を開設されていましたが、すでに4名の方が避難されていました。その後、朝5時に情報は解除され、4名の方も5時半頃には自宅に戻られました。

 「学校、大丈夫ですか?」「避難されている方はおられますか?」「車椅子の方が避難されてきた場合、エレベーターは使えますか?」深夜、雨の中、いろいろな方が、学校を訪ねて来られ、心配していただきました。摂津のまちづくりのスローガン、「みんなで育もう!つながりのまち摂津!」を思い出しました。

 考えてみると、人はつながりの中で生きています。去年、私の親友が病気で急に亡くなりました。あまりに急だったので、告別式に出席できず、後日お墓参りをしましたが、案内してくれたのは親友の友達の方でした。亡くなった友を介して、友達が増えたように思います。「友達の友達は、友達なんだ」と実感しました。友達を増やすということは、気づかないうちにたくさんの人とつながっていくことになります。これは、横のつながりですね。

 もう一つは縦のつながりです。皆さんは今こうして生きています。皆さんのお父さんやお母さん、そのお父さんやお母さん、さらにそのお父さんやお母さん、どんどん遡っていくと、たくさんの人の命のつながりがあって皆さんはここにいることに気付くのではないでしょうか。もし誰かがいなければ、皆さんはここにいないことになります。今生きているということは、とても大切なことですね。いろいろな人の願いや思いを引き継いで生きているわけですから、命を大切にしてください。

 横のつながり、縦のつながりの中で私たちは生きています。横のつながりをもっと太くし、また、縦のつながりを意識して、自分も周りの人も大切に生活してください。つながりは、とても大切なものなのです。

2018年7月11日水曜日

着衣泳の取組み(平成30年7月11日)

 クマゼミの鳴き声が出勤する私を見送ってくれます。そして、やはりクマゼミの鳴き声が学校に到着した私を迎えてくれます。このセミは日の出から午前中を中心に鳴きますが、午前7時から10時頃が一番よく鳴く時間帯だそうで、午後はほとんど鳴かないそうです。私が子どもの頃はクマゼミよりもアブラゼミをよく見かけましたが、最近はクマゼミが多くなっています。

 味舌小学校では、全学年で着衣泳(着衣水泳)に取り組んでいます。服を着たままで泳ごうとすると、服が水を吸って重くなり、また水の抵抗を受けやすくなり、うまくいきません。泳ぎに自信のある人ほど、そのギャップを感じると言われています。日本は河川も多く、農業水路も整備されており、水の危険と隣り合わせとも言えます。日常生活の中で、もし誤って水の中に転落した場合に備えて、着衣の場合、水の中ではどうなるかを体験し、命を守るための動きを学んでいます。

2018年7月10日火曜日

145周年記念写真撮影(平成30年7月10日)

 梅雨が明けたら、厳しい暑さです。この暑さの中で145周年記念写真の撮影がありました。できるだけ短時間で撮影しようと準備をしていましたが、途中で休憩をはさんだものの、約1時間の撮影は暑さがこたえました。

 航空写真と4階から撮影する全校・学年毎の集合写真。出来栄えは楽しみですが、体調が優れなかった児童がさらに体調を崩さないか心配です。(写真は5年前の140周年記念の航空写真。校長室に飾っています。もう1枚は航空写真用にカメラマンが運動場に描いた校章。1時間足らずで仕上がりました。)

2018年7月9日月曜日

おかえりなさい!あ・お・ぞ・ら!

 西日本を中心に降り続いた大雨は、各地で土砂崩れや河川の氾濫を引き起こし、多くの犠牲者や安否不明者が出ています。ようやく雨は上がりましたが、厳しい日差しです。被害に遭われた方の熱中症も心配です。

 今朝、多くの児童が「暑い!」と言いながら、汗を拭き拭き、登校して来ました。「校長先生、やっと青空やなあ!」そんなことを言う低学年児童もいました。久しぶりの水泳の授業では、児童の歓声が上がっていました。教室からは授業の声も聞こえてきます。味舌小学校に、ようやく日常が戻ってきたように感じます。

 「おかえりなさい!あ・お・ぞ・ら!」願わくば、しばらくは、優しく優しく微笑んでください。各地で、避難されている方のためにも。懸命の捜索活動をされている方のためにも。そして、先月の地震の復旧作業もまだ続いています。作業に従事する方や、ボランティア活動をされている方のためにも。

2018年7月6日金曜日

雨、雨、雨…。(平成30年7月6日)


 梅雨前線の活発化により、連日の雨です。しかも、かなりまとまった量が降っています。昨夜午後11時頃、安威川の増水により、避難準備情報が摂津市のほぼ全域に出されました。そして、味舌小学校も避難所となりました。

 市役所の方が来られ、避難所を開設し、数名の方が避難して来られました。避難準備情報は、午前5時に解除され、避難しておられた方もご自宅へと戻られました。雨は時折小降りになりましたが、何度も何度も激しく降りました。

 避難勧告等の発令状況によっては、臨時休校する場合もありましたので、通常の授業ができて、ホッとしました。天気予報では、8日の日曜日頃まで、雨が続きそうです。河川は増水しています。児童の皆さんは、近づかないように十分注意してください。(写真は今日、午前10時頃の山田川)

2018年7月5日木曜日

雨の中の晴れ(平成30年7月5日)

 雨が降り続いています。大雨洪水警報が発令中、河川の増水に対しての注意が必要です。

 児童の登校時、私は着ているものがびしょ濡れになりました。「靴の中がすごいことになってる〜!」「かばん濡れた〜!」「カッパ着てきたけど暑い〜!」今朝は、「おはようございます!」ではなくて、そんな言葉を校門で、児童と交わしていたように思います。

 そんな時、学校の近くの方が、雨の中、私に次のことを、伝えに来てくださいました。「昨日の風で、子どもたちが育てている植木鉢が倒れています。」雨がたくさん降っていましたが、心の中は晴れました。ありがとうございました。

2018年7月4日水曜日

「特別賞」いただきました!(平成30年7月4日)

 今日はセーフティパトロールの日でした。皆様、ありがとうございました。すでに多くの方が本校に集まっておられる中、私はいきいきプラザへ行ってまいりました。農産物品評会 表彰式に出席するためです。

 文化ホールのロビーや展示室に出品された農産物が並べられているのを、表彰式の前に見てきました。最優秀会長賞や摂津市長賞の作品は、形、色、輝き、すべてが素晴らしかったです。昨日の夕方、出品のために採り入れをした味舌小学校の鳥飼なすも一緒に並んでいました。

 ある農業振興会の委員さんから、味舌小学校の鳥飼なすをじっと見ている私にこんな声をかけていただきました。「このなすは勢いよく成長しています。夜の間にぐんと成長しているので、へたの辺りが緑色になっています。緑色の部分は日に当たるとなすの色になっていくのです。」

 うれしかったです。どんなことでもほめていただくと元気が出ます。その後、質問をしました。「どうすれば、いいなすができますか?」答は…。「水をしっかりやること!肥料を与えること!葉が実に当たらぬよう、葉で実に当たる日光を遮らぬよう、葉を剪定すること!雑草を生やさぬようにすること。」農作物を育てることは大変だと改めて思いました。

 3年生の児童だけではなく、教職員にとっても鳥飼なすにふれる経験は貴重な経験です。ありがとうございました。実りの時期はこれからが本番です!

今日、農産物品評会開催(平成30年7月4日)

 台風7号の影響で、温かく湿った空気が流れ込み、雨が降ったり止んだりしています。風は少し弱まりましたが、今日から明日にかけて、雷を伴う激しい雨が降る時間帯もあると予報されています。河川の増水もあるかもしれません。十分な注意が必要です。

 今日、摂津市の農産物品評会が開催されています。現在、出品された農産物の審査が文化ホールの展示室で行われている頃ではないでしょうか。各小学校からも、3年生が育てた鳥飼なすが出品されています。もちろん本校からも出品しています。表彰式は午後3時ごろから始まる予定です。

 農業振興会の皆様より、作付けの時からご指導いただいていますが、お話を伺うたびに、農業に携わっておられる方の作物への愛情や心配りを感じます。昨日も、なすの実を大きくきれいに実らせるためのアドバイスをいただきました。

 品評会への出品は終わりましたが、収穫の時期はまだまだ続きます。子どもたちとともに、大切に育てます。