2018年10月15日月曜日

稲刈りから学んだこと(平成30年10月15日)

 当初予定していた11日(木)が雨天で延期されていた稲刈りを、本日午前、無事に行うことができました。6月7日(木)に5年生が田植えを体験させていただいてから130日が過ぎました。4か月余りの間には、地震、大雨、酷暑、台風などいろいろなことがありました。その間、田の持ち主である木下さんは、毎日稲を守ってこられたのです。

 あんなに細く小さかった苗が、大きな株となり、丈が伸び、花が咲き、実が実り、黄金色に染まり、今日を迎えました。今日もたくさんの方に教えていただき、5年生は貴重な体験をさせていただきました。

 終了後、農業委員の深田さんが仰っていたことです。「日頃皆さんが食べているお米は多くの作業を通じて、皆さんの口に入っています。今日、刈った稲もこのままでは食べることができません。乾かした後、脱穀、籾すり(臼ひき)、精米の作業が必要です。このように大切に育て、多くの作業を経て食べるお米を一粒も無駄にしないでください。」

 大切な、大切なお米。そのことが5年生児童の心にしっかり刻まれて欲しいと感じました。お米だけに限らず、ものをつくるということは、大変なことなのです。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

2018年10月13日土曜日

運動会はいいものです!(平成30年10月13日)

秋晴れの下、近隣の幼稚園やこども園で運動会が行われました。

みんな笑顔!大人は一生懸命応援!子どもたちは一生懸命の走りや演技!

運動会はいいものだと改めて感じました!

2018年10月12日金曜日

煙を吸わない!(平成30年10月12日・避難訓練にて)

 真剣に避難してきた人と、数は少ないですが笑いながら避難してきた人がいました。火事が本当に発生してはいけませんが、もし本当に発生したら、笑ってなんかいられませんね。訓練でやったことがないことは、実際の場面に出遭った時に行うことができません。今、真剣に訓練に参加した人こそが、命を守れるのではないでしょうか?

 さて、昨年火災で亡くなった人は、全国で1,456人いらっしゃるそうです。今、驚いている人もいましたが、多くの方が火災で大切な命を失っています。大阪府でも79人の方が亡くなったそうです。もしかすると、いろいろな注意を実行しながら避難することができていれば、失わなくてもよかった命かもしれません。火災を発生させないようにすることが、まず一番ですが、皆さん、火災の場合には、煙に十分注意してください。煙を吸い込んで、一酸化中毒になってしまったり、熱い煙を吸い込んで肺の中が焼けてしまったりして、亡くなることが多いそうです。さっき皆さんの多くは、ハンカチなどを口と鼻に当て、煙を吸わないようにしていました。とても大切なことです。煙を吸わないようにするためには、低い姿勢を取ることも大切だそうです。

 訓練には真剣に取り組むこと、火災の際には煙を吸わないように注意すること、この二つのことを今日はしっかり覚えておいてください。

2018年10月11日木曜日

二つの注意と一つの心がけ(平成30年10月11日・朝会にて)

 味舌小学校の児童の皆さん、おはようございます。8時過ぎから雨が降りだしました。今日予定していた5年生の稲刈りも15日月曜日に延期になりました。さて、今日は皆さんに、二つの注意と常に心に持っていて欲しいことのお話を一つします。

 まず一つ目は、インフルエンザに注意しようという話です。朝夕の気温はずいぶん低くなりました。体調を崩している人はいませんか?先週、近くの学校でインフルエンザによる学級閉鎖がありました。インフルエンザの流行は、もっと寒くなってからという印象がありますが、油断はできません。健康管理に気をつけましょう。外から帰った時のうがいや手洗い、衣服の調節など、皆さんの注意で防げる場合もあります。

 二つ目の注意です。雨の日に必要なもの、そう!傘の話です。傘で人をたたいたりする人はいませんか?傘は雨で濡れることを防ぐための道具です。正しく使ってください。そして、傘を大切にしないということは、傘という「もの」を大切にしないだけではなく、「人」を大切にしないことにもなるのです。傘で人をたたけば、傘が壊れることもあります。傘を作った人に申し訳ないとは思いませんか?皆さんのおうちの人など、傘を買ってくれた人に申し訳ないとは思いませんか?傘でたたかれた人は痛がっています。傘を大切にしないということは、「人」を大切にしないということになるのです。味舌小学校の皆さんは、傘を正しく使い、「人」も「もの」も大切にできる人になってください。

 次のお話は、皆さんにいつも「夢」を持っていて欲しいという話です。皆さんには「将来、こんな仕事をしたい」とか、「いつか、こんなことをやってみたい」などという夢はありますか?私は小学校に入学する頃まではお相撲さんになりたくて仕方がありませんでした。テレビで見て、横綱ってかっこいいなあと思っていたのです。次の夢は、スキーのジャンプの選手になることでした。これもテレビで見て、あこがれましたが、スキーをやったこともないのに持った夢でした。そして、次に夢見たことは、学校の先生になることでした。小学5年生の頃のことです。それから11年経って、小学校の先生になれた時には、夢が叶ったと嬉しかったのを覚えています。

 もちろん夢を叶えるためには、努力も必要です。夢が変わることもあります。でも、皆さんが、常に夢を心に持ち、実現へ向けて努力する人でいて欲しいと思います。以上で、今日のお話を終わります。

(1枚目の写真は、今朝の稲の様子です。来週の月曜日は晴天になって欲しいです。2枚目の写真は、正門前の安全ミラー(カーブミラー)です。台風21号の影響で曲がっていましたが、一昨日修理していただくことができました。ありがとうございました。)

2018年10月10日水曜日

10月10日は何の日?(平成30年10月10日)


 平成11年(1999年)までは、10月10日が体育の日と定められていました。昭和39年(1964年)10月10日に東京オリンピックの開会式が行われたことにちなみ、昭和41年(1966年)から祝日と定められました。平成12年(2000年)からは「ハッピーマンデー」が取り入れられ、体育の日は10月の第2月曜日と定められました。2020年は、東京オリンピックの開会式が行われる7月24日(金)に体育の日は変更され、名称も「スポーツの日」と改められるそうです。

 味舌小学校では、今日10月10日は4年生の遠足の日。行き先は万博公園です。出発する前の4年生は、"うきうき""わくわく"といった様子でした。ニフレルも目的地の一つということで、雨天決行!雨が降る前に公園で遊ぶこともできたと連絡が入りました。

 4年生には出発前に、「今から皆さんが乗車する大阪モノレールの運転士をしている教え子がいます。車内でマナーを守り、乗る時もきちんと整列している学校もあれば、先生の指示も聞かず、車内でも大きな声で迷惑をかけている学校もあるそうです。マナーを守り、移動の時にも他のお客さんの迷惑にならない味舌小学校の4年生だということをしっかり周りの皆さんに見てもらってきてください。大人になるためには、ルールやマナーをしっかり守れるということがその第一歩ですよ。」帰ってきたら、どうだった?と質問したいと思います。

2018年10月9日火曜日

少し寂しそうな夕暮れ…(平成30年10月9日)

 運動会が終わり、そして一昨日の地区市民体育祭も終わり、日が短くなったこともあって、夕暮れ時の運動場は、心なしか寂しそうに感じます。賑わった、そして笑顔が溢れた時間は、児童の、そして大人の、思い出の1ページにしっかり刻まれたことと思います。

 函館での全国連合小学校長会研究協議会の分科会でご一緒させていただいた埼玉県の校長先生が、小学校と中学校の関係には憧れと誇りが必要だと仰っていました。小学生は中学生を見て「あんな中学生になりたい」と憧れ、中学生は小学生に対していい意味で「自分たちは中学生なんだ」とプライドを持つ。これは、校長をはじめ学校に勤務する教職員も同じではないかと思います。教職員は、憧れを持ってもらえる職業でありたいですし、また誇りを持って仕事をしたい、そのために努力を惜しまないという姿勢を忘れないようにしたいと気持ちを新たにしています。

 校長は、月に2回「校長会」に出席しています。毎月原則として第1火曜が教育委員会主催で、第3火曜が校長会主催で会議を行っています。今日は、運動会等の行事の関係で第2火曜になりましたが、教育委員会主催の校長会が開かれました。その中で、教育次長の言葉が印象に残りました。「運動会を見て回り、各校の独自性を感じた。様々なことで学校はもっと独自性を発揮してもよいのではないか!」個性を尊重する教育の大切さがよく言われていますが、もちろん学習指導要領などのスタンダードはきちんと踏まえた上で、学校ももっと個性を発揮すべきだと私も感じました。

 今日もたくさんの方に校長室にお越しいただきました。たくさん話をさせていただきました。今、この一週間を振り返りながら様々な思いを巡らせています。実りの秋!がんばります!

2018年10月7日日曜日

第28回味舌小学校地区市民体育祭(平成30年10月7日)

台風の影響で開催が危ぶまれていた今日の体育祭ですが、好天のもと無事開催することが出来ました。

関係の皆様のご尽力、また早朝からのご準備、ありがとうございました。

笑顔集い、絆深める機会となりました。

2018年10月6日土曜日

稲刈りまであと5日!(平成30年10月6日)

 暑い土曜日です。午前中の雨は上がりましたが、台風の影響でしょうか?時折晴れ間がのぞくものの、気温が30℃あります。テント設営や用具の搬出などの作業は明日の朝に行うことになりましたが、明日の地区市民体育祭へ向けて、現在、賞品の準備などを体育館で行っておられます。ありがとうございます。

 さて、稲刈りまであと5日となりました。稲穂は黄金色に染まり、風に揺れています。10月11日(木)の午前9時40分から説明をしていただいた後、木下さんの田んぼに向かいます。(雨天の場合は15日(月)を予定しています。)楽しみです!

2018年10月5日金曜日

第70回全国連合小学校長会研究協議会北海道大会5(平成30年10月5日)

全日程を終え、夕方に帰阪しました。

校長としての明確な経営ビジョンを持つことは当然ですが、それを地域の方々と共有するためには発信が重要です。きちんと発信できているのかどうか、改めて振り返り改善を図りたいと考えています。

学校が組織として動くことの重要性もよく言われていることですが、チームとして機能する学校は常に目標を共有化し、その達成状況を意識し、改善に努めているものです。成果と課題の見える化を図り、それぞれが活躍できる学校づくりについて考え、実践したいと思います。

実り多い、そして刺激を受けた二日間でした。

第70回全国連合小学校長会研究協議会北海道大会4(平成30年10月5日)

二日目は、全体会、シンポジウム、閉会式の順番で進められました。

シンポジウムは「ふるさと・挑戦・未来創造」をテーマに、スキージャンパー葛西紀明選手、北海道テレビ佐藤麻美さん、北海道PTA協議会顧問青田基さんをシンポジストとして行われました。常に夢を持つこと、そして夢を叶えるために努力すること、さらに自分の未来をイメージすること、未来は自分で創るものだということなど、子どもたちに伝えたいメッセージが次々と発せられました。

新学習指導要領の趣旨の実現のためには、大人が自分の体験をもとに語り、子どもたちにしっかり未来図を描かせなければならないと感じました。

2018年10月4日木曜日

第70回全国連合小学校長会研究協議会北海道大会3(平成30年10月4日)

午後からの分科会はリーダー育成についての実践発表と研究協議でした。

三重県と北海道の渡島地区の校長先生の発表の後、札幌市、埼玉県、新潟県、熊本県、山口県の校長先生とそれぞれの学校での取組みを交流し、今後の取組みについて協議しました。

学校の規模や地域の様子はそれぞれ違っていますが、校長のリーダーシップやビジョンをキチンと持つこと、示すことの大切さを改めて学びました。また、自身の人間性を磨かねばならないと感じました。

協議の場で出会った校長先生方に負けないよう、私も味舌小学校の学校経営に尽力します。

第70回全国連合小学校長会研究協議会北海道大会2(平成30年10月4日)

午前の部が終わりました。開会式の後、文部科学省からの講話、全体会と続き、午後からは違う会場での分科会です。

文部科学省からの話はてんこ盛りで、一つひとつの話をもう少しじっくりお聞きして、しっかり考えたかったのですが、時間の制約もあり仕方ないのかもしれません。たくさんいただいた資料をじっくりと見たいと思います。

そんな中で、これから校長は、これまでの蓄積をどう若い人に伝え、新しい時代に対応する取組みにどうチャレンジするのか、その経営ビジョンが問われるという話と、学習指導要領は文部科学省のものでも、教員だけのものでもなく、学ぶ子どもたちやすべての人たちのものだ。学校はこれからの学びについてしっかり発信する必要があるということが、心に響きました。

第70回全国連合小学校長会研究協議会北海道大会(平成30年10月4日)

おはようございます。北海道函館市で開催されています第70回全国連合小学校長会研究協議会北海道大会に参加しています。朝9時から開会されるということで昨日の夜から函館入りしています。そのため、昨日は運動会の閉会式に出ることが出来ず失礼いたしました。

今回のサブテーマが『ふるさとの地から世界を見つめ、新しい社会の形成に向けて挑戦する子どもを育てる学校経営の推進』と設定されています。学校が学校だけで教育活動を推進することは出来ません。また、子どもの自立の一歩は地域の中での活動にあると思います。このサブテーマの具体的な実現へのヒントをこの大会で得たいと考えています。

ふるさと摂津を意識し、社会を考える子どもを育める学校経営へ向けて、この後しっかり学んできます。大会は明日まで続きます。



2018年10月3日水曜日

感謝、感謝、感謝です。(平成30年10月3日・運動会開会式挨拶より)

    味舌小学校の皆さん、おはようございます。見上げてください。青空、白い雲、絶好の運動会日和になりました。今年の夏は、台風や大雨に見舞われましたが、今日の好天、空にも感謝の気持ちでいっぱいです。

    ご来賓の皆様、早朝よりお越しいただきありがとうございます。また、日頃よりお世話になり重ねてお礼申し上げます。児童への温かい応援、よろしくお願いいたします。

    保護者の皆様、開門前から待っていただいた方もおられます。運動会への関心の高さを感じます。ありがとうございます。

    そして、近隣にお住いの皆様、運動会の練習を9月3日に開始してから一カ月、音楽や指導の声、多々ご迷惑をかけ申し訳ございませんでした。本日も一日、よろしくお願いいたします。日頃よりのご理解、ありがとうございます。

    さて、児童の皆さん、私は先ほどから、多くの方への感謝の言葉を述べていますが、この運動会は多くの人の協力で成り立っています。感謝の気持ちをしっかり言葉で伝えて欲しいですが、それと同じぐらい、いやそれ以上に感謝を伝えることができるのは、皆さんの最後まで走る姿や指先から爪先まで、心を込めて演技する姿です。期待しています。

    今日の運動会の最後が、皆さんの笑顔と満足した気持ちであふれていることを願って、私の開会の言葉とさせていただきます。

(写真は5年生の演技です。)

2018年10月2日火曜日

明日、運動会ありますか?(平成30年10月2日)

 いいお天気です!今日は朝から何人かの児童に質問されました。「明日、運動会、ありますか?」私は答えました。「もちろんありますよ!」

 運動会を楽しみにしている児童は、たくさんいると思います。小学生の頃の私も運動会を毎年楽しみにしていました。私の通っていた高槻市の如是小学校には「運動会の歌」というものがありました。「秋立つ空に雲白く♪」「ともに鍛えしこの技を競わん我ら如是健児♪」という歌詞がメロディとともによみがえります。4年生以上には、長距離走が種目にあって、予選を突破した児童20名程度が各学年、運動会の日に走りました。私は予選は突破できていたのですが、当日はいつも最初から飛ばし過ぎて、最後はエネルギー切れでゴールインでした。でも、母の姿はしっかり見えていましたし、近所の方が応援してくれる声も聞こえていました。何かすがすがしい気持ちでした。

 明日の天気予報は「晴れ」。児童への温かい声援をお願いいたします。(写真は玉入れの練習をする1年生児童) 

2018年10月1日月曜日

本日、味舌小学校は代休日です。(平成30年10月1日)

 台風24号は速度を速め、現在北海道の南東海上に位置しているそうです。先ほど、学校の安全点検を行いましたが、幸い被害はありませんでした。

 台風21号の時には、運動場に様々なものが飛来していたのですが、今朝は何も飛んで来ていません。2日後、この運動場で児童の歓声が響き、演技や競技に全力を尽くせる運動会が開催できることを願っています。

 本日は、代休日です。今日から10月。9月は2度、大きな台風がやって来ましたが、今月は穏やかで過ごしやすい気候になって欲しいです。

2018年9月30日日曜日

十分な警戒を!(平成30年9月30日)


 大型で非常に強い台風24号は、午前9時半現在、種子島付近にあって、北東へ45㎞/hで進んでいます。この時点の予報では、午後9時ごろに奈良市付近に達する見込みとのことです。暴風・大雨に厳重な警戒が必要です。本校でも、様々なものを中へ入れるなど、朝のうちに備えをしたところです。

 避難所開設に関する問合せの電話が本校にも数件ありました。避難所開設情報は、摂津市ホームページ(http://www.city.settsu.osaka.jp/index.html)またはNHKテレビdボタンの防災・生活情報の開設避難所(摂津市)をご覧いただくと、現在開設している避難所について知ることができます。現在、味舌小学校区及び近辺では、コミュニティプラザ、安威川公民館、別府コミュニティセンターに避難所が開設されています。

 少し風が強くなってきましたが、運動場には水たまりもありません。しかし、この後、風雨が強まるとの予報です。外出は避け、安全には十分配慮してください。

2018年9月29日土曜日

運動会延期決定のお知らせ(平成30年9月29日)

 大型で非常に強い台風24号は、本日午前10時現在沖縄県那覇市の南西約100kmに位置するとみられ、北へ15km/hの速度で進んでいます。

 今後、北東に進路を変え、速度を上げ、明日の午後、近畿地方に最も近づくものとみられています。
 本校では、昨日の時点での天気予報では、30日は、午前中は曇りまたは小雨、午後から雨が強まり夕方から激しい風雨になるとのことでしたので、運動会を行う場合は、午前8時45分より団体演技のみ実施することとしておりました。

 しかし、現在降っております雨が、明日早朝には上がるとの予報ですが、運動場整備に時間を要すること、台風の速度が速まれば午前10時頃からは雨が降り始めることが予想されることから、本日午前11時、明日の運動会のプログラム全てを10月3日(水)に延期することと決定いたしました。日曜日に少しでも、児童が運動会に取り組む姿をご覧いただきたいという願いから、ぎりぎりまで可能性を探っておりましたが、延期の判断に至った次第です。ご理解の程、よろしくお願いいたします。

 明日は、4時間の授業を行い、12時20分に児童を下校させます。弁当は要りません。

 10月3日(水)は、午前8時45分より、お配りしておりますプログラムにより、運動会を開催いたします。

 なお、暴風警報等が発令された際は、お配りさせていただいております「気象警報発令時の対応」に基づき対応いたします。

2018年9月28日金曜日

今日が運動会やったらよかったのに!(平成30年9月28日・運動会全体練習での話より)

 「前にならえ」と整列する時に号令がかかります。「前へならえ」と言うこともありますが、皆さんは、どういう意味か知っていますか?「ならう(倣う)」というのは、「手本にして真似をする」という意味です。ですから、前の人を真似て並ぶということになります。

 一番前に立っている人は、大切ですね。前の人がいい加減な方向を向いていたり、まっすぐ立っていなかったら、後ろの人もそのようにしなくてはならなくなってしまいます。一番前の人は、キチンと「気をつけ」の姿勢を取ってください。そうすれば、後ろの人は手を伸ばして、まっすぐ並ぶことができます。

 「学ぶ」は良いものを「真似る」ことからスタートするとも言われています。「前にならえ」も前の人を真似ているとも言えます。運動会の練習でも、走ることでも、上手な人を真似ることから上達が始まるかもしれません。周りの人からしっかり学んでください。


※終了後、「今日はいいお天気やなあ」「今日が運動会やったらなあ」という声を児童からも職員からも聞きました。素晴らしい青空の一日でした。

9月30日(日)開催予定の運動会について(平成30年9月28日)

 日頃より本校教育活動にご理解・ご協力賜り、まことにありがとうございます。

 9月30日(日)開催予定の本校運動会について、お知らせいたします。

 気圧の谷や湿った空気の影響、加えて台風24号の接近が予想され、9月29日(土)朝より、10月1日(月)にかけて、雨天の予報が出ています。運動会開催予定の9月30日(日)の夜には台風が近畿地方に最接近するとみられ、摂津市でも午後から風雨が強まる恐れがあります。

 そこで、9月30日に運動会を実施する場合は、午前8時45分より開始しますが、各学年の団体演技のみ行い、児童を12時20分に下校させます。残りの団体競技や個人走は予備日の10月3日(水)の8時45分より行います。(午前中に終了し、午後からは通常の授業を行います。)

 また、朝からの雨天等で運動会が実施できない場合は、4時間授業を行い、児童を12時20分に下校させます。この場合は、10月3日(水)の8時45分より配付させていただいたプログラムにより、運動会を行います。(10月3日に実施の場合は昼食は給食です。)

 9月30日(日)は、運動会の有無に関わらず、弁当は必要ありません。

 なお、暴風警報等が発令された場合は、お配りさせていただいております「気象警報発令時の対応」に基づき対応いたします。延期の決定をした場合は、安全安心メール、本校ホームページ等で速やかにお伝えします。

 以上、これまでお伝えしておりましたことと変更がございますが、ご理解、よろしくお願いいたします。

2018年9月27日木曜日

校長先生、台風来てるの知ってる?(平成30年9月27日)

 朝、いつものように校門で児童の登校を迎えていました。児童の「おはようございます!」の元気な挨拶は、私のエネルギーになります。いつも元気に挨拶をしてくれる低学年の児童が困った顔をしながら、私のところへ駆け寄ってきました。「校長先生、台風が来てるの知ってる?運動会の日に来るねんで!校長先生、どうしよう?」

 私は答えました。「9月の初めに来たような大きな台風が来たらいややなあ。物が飛ばんように準備しておくからね。みんなの元気で、台風をどこかに吹き飛ばして欲しいなあ。運動会、やりたいなあ。」児童はパンチを出す格好をしながら「わかった!」と下足場の方へ走って行きました。

 暑さ対策の一環として、自治会からテントをお借りし、児童席にも保護者席にもテントで日陰を作る計画でしたが、日曜日に風雨が強まる可能性があることから、残念ですが、計画を中止します。安全対策として行う予定を違う意味での安全対策で取り止めることにしました。自治会の皆様、ご準備いただきながら申し訳ございません。最高気温が30℃を超えるようなことは、予備日も含めてなさそうです。

 5時間目に運動場で練習していた学年も一生懸命!楽しそうに演技する様子を見ていて、日曜日に何とか運動会ができないものかと悩んでしまいます。予報では、30日は激しい雨の可能性とのことです。

2018年9月26日水曜日

無駄な動きやおしゃべりが時間を無駄に使ってしまう(平成30年9月26日・運動会全体練習にて)

 運動会まで、あと4日です。やっと青空と白い雲のさわやかな秋の空を見ることができたと思ったら、また雲が厚くなり始めています。皆さんの元気なパワーで雲を吹き飛ばし、9月30日は秋晴れのもとで運動会を開催したいと願っています。

 味舌小学校には433人の児童がいますが、皆が集まり、競技や演技を楽しみ、また競い合うのが運動会です。開会式や閉会式は、児童全員が運動場に並ぶ場です。しなくてもいいおしゃべりや話を聞かずに遊んでいたりすると、壇上の先生からのお話や注意を聞くことができません。もう一度、話をしなければならないこともあるかもしれません。時間は大切なものです。無駄な動きやおしゃべりは、時間の無駄使いにつながります。皆さんがきびきびと行動し、素晴らしい運動会になることを期待しています。

 ※気圧の谷や湿った空気の影響で、今日も午後から雨になりました。週間予報によりますと明日、明後日の天気は良さそうですが、週末は、晴れ間は期待できそうにありません。9月30日(日)の現在の予報は曇り時々雨、降水確率は80%。少雨とのことですが、心配な予報です。加えて、台風24号の進路も気になります。

2018年9月25日火曜日

校長先生、何で給食早よ食べるの?(平成30年9月25日)

 今日の給食のメニューは、「食パン、かぼちゃのポタージュ、野菜のソテー、マーシャルビーンズ、牛乳」でした。マーシャルビーンズとは、チョコレートクリームに大豆粉を入れたスプレッドのことで、パンに塗って食べます。

 私が給食を食べ終えて、給食室に食器を返しに行く時に、よく低学年の児童に尋ねられます。「校長先生、もう給食食べたの?」「何でこんなに早いん?」実は「検食」を行っているのです。「検食」とは、今日児童が食べる給食について異常がないかを調べるために食べるということです。例えば、異物の混入や異味・異臭がないかを点検しています。11時50分頃に校長室に「検食」用の給食が届き、4時間目が終了するまで(給食時間が始まるまで)に食べ終えます。

 今週もすぐれない天候の日が多そうです。運動会まで、あと5日!太陽さん!がんばって!

2018年9月21日金曜日

校長先生、痛くない?(平成30年9月21日)


 昨日、本校校内研修で、国語科の研究授業(授業学級5年1組)を行いました。説明文をもとにその構造を学び、自身でもグラフや表をもとに、人に考えを伝える文章を書くという計画で、昨日の授業は「いよいよ考えを書く」というものでした。「もっと書きたい!」という声も聞かれ、児童の意欲は向上しており、また教科書の文や周りの人の文と自分のものを比較しながらさらに良いものを書こうとしたり、「主体的、対話的で深い学び」をめざした授業でした。さらに学びが深いものとなるために、既習事項を活かせるよう、授業の充実を図りたいと考えています。

 今日も雨です。運動会まであと9日となりましたが、今日も運動場を使うことができません。明日から三連休ですが、連休明けも天気予報では雨と予想され、心配です。暑さが和らいだと思ったら、雨続き。天候は思うようにはなりません。

 20分休みに2年生の女子児童が数人、校長室をのぞきに来ていました。「どうしたの?」と校長室の入口に行き、声をかけるとすぐに私の右手小指の先の絆創膏を見つけ、「校長先生、どうしたん?」と逆質問でした。「爪が割れました。」と答えると「校長先生、痛くない?」「大丈夫?」「お父さんも割れたことがあるけど、痛いって言ったてたよ。」とそれぞれに心配してくれました。その後、「教室に帰る!」と言って戻っていきました。結局、私には何の用事だったのでしょうか?

2018年9月20日木曜日

大学時代の先生からの教え(平成30年9月20日・朝会にて)

 味舌小学校の児童の皆さん、おはようございます。昨日と比べて気温が低くなっています。体調管理には十分気をつけましょう!

 今朝、大学時代の恩師と電話で話をしました。「今、那覇にいてる。旅行で来ているんや。仕事は忙しいか?」「うらやましいですね!学校は運動会の準備でバタバタしています!」そんな話を先生としてました。今日は、学生時代に先生が私によく仰っていたことを二つ皆さんに伝えます。

 一つ目は「旅をしろ!」ということです。これは旅行だけをさすのではなく、「チャレンジ」を意味していたように思います。プライベートや仕事で先生と旅をしたこともありますが、その都度、旅先の文化や人々の生活にふれ、新たな発見ができ、自分の視野を広げることができました。学校安全の取組みについて学ぶためにノースカロライナ州のウィルミントンへ行った際も、朝は街を歩いたり、市場へ行ったりもしました。まさに発見の連続でした。

 今、皆さんは運動会へ向けて、演技などの練習に励んでいますが、そこでも何かを発見する「チャレンジ」をぜひしてください。「こんなことができるようになった!」「去年に比べて成長した!」「こうやればうまくできた!」何となくやるのではなく、自分自身と周りをしっかり見つめてくださいね。

 二つ目は「本を読め!」ということです。皆さんは最近、本を読みましたか?人生は一度だけです。自分自身で経験できることは限られています。だから、積極的にチャレンジもするのですが、人生を豊かにするためには、本を通じて他の人の経験や考えにふれることが大切です。そうすれば、生きることがもっと楽しくなると先生は仰っていました。

 ところで、日本で最初に運動会が行われたのは、1874年のことだったそうです。それから144年が経ち、日本中で運動会が行われています。図書室へ行けば、そんなことをもっと詳しく知ることができる本があるかもしれません。本を通して、運動会がもっと興味深いものになればいいですね。

 さあ、運動会まであと10日です。今朝、校門で皆さんを出迎えていたら、風邪気味の人がいました。最初にもお話ししましたが、日によって気温の差が大きくなっています。体調を整えて、9月30日は元気に運動会に参加してください。

※写真は、鳥飼なすです。台風の後、少し元気がなくなっていましたが、また元気を取り戻し始め、実ってきました。

2018年9月19日水曜日

今日はまだやりません!(平成30年9月19日)


 最高気温が30度をオーバーした今日、外にいると日差しの強さを感じました。そんな中、今日も運動会の練習に各学年、励んでいました。

 3年生が「綱引き」の練習を行っていました。並び方やいつ立つのか、いつ座るのかなど、先生の指示で児童は動いていました。さあいよいよ綱引き開始!というところで、「今日はまだやりません!」とのアナウンス。その後「紅組の勝ち!」と先生が言えば、紅組児童は「やったー!」と拍手!赤白が場所を入れ替え、同じことが繰り返され、綱を実際に引くことはせず、「白組の勝ち!」の声に、白組児童は「やったー!」

 綱を引きたくて、うずうずしている様子が伝わってきました。30日には、思いっきり綱を引いてくださいね!そして、満足した顔の児童に、お互いの健闘を称える拍手が湧き起こればうれしいです。運動会まであと11日。

2018年9月18日火曜日

運動会まで、あと12日!(平成30年9月18日)

 朝から校長会(市内の公立小中学校の校長が集まる会議。教育委員会からの説明を受けたり、課題について協議したりする。)で市役所へ行っていました。先ほど(14:20頃)帰校しました。体育館の屋根が台風で飛ばされた三中や三宅柳田小、鳥飼西小の体育館が元に戻るまでにはまだ数か月かかりそうだという話を聞きました。しばらくの間、木曜日の夕方、三中の部活動が体育館を使用します。被害に遭われた学校が、一日も早く元の状態に戻ることを祈ります。

 朝から、少し動くと汗ばむ状況。でも久しぶりのさわやかな日差し。週末に雨の中「寒い〜!」と言いながら登校していた児童が、「暑い〜!」と言いながら登校してきました。運動会まであと12日!帰ってきたら、6年生が運動会で披露する演技の練習を行っていました。

 台風21号がやってきた日から2週間、震度5強の大きな地震からは3か月が過ぎました。9月30日、青空のもとで、笑顔が集う運動会になって欲しいです。

2018年9月14日金曜日

教育実習(平成30年9月14日)

 教員として学校で授業を行うためには、教員免許を有し、教諭等の発令を受ける必要があります。教員免許を取得するには、大学の教職課程で必要な単位を取得し、都道府県の教育委員会に免許授与申請を行わねばなりません。発令を受けるためには、教員採用選考に合格するか、講師等として任用される必要があります。

 現在、本校で教育実習生を受け入れています。教育実習とは、教員免許を取得するために必要な単位の一つで、現場の教員の指導を受けながら、学校での体験を通して教員にとって必要な知識・技能の一部を身につけるものです。来春から学校の教壇に立つことをめざしている本校の教育実習生は、毎日真剣に学んでいます。

 私もずいぶん前の話になりますが、母校で教育実習を受けました。5週間の実習の中で、授業を実際に行わせていただいたり、運動会の運営や遠足の引率のお手伝いをさせていただいたりしました。その時、私は「教員は大変だ!」と思いました。研修や会議など、授業や会議を行うための準備に時間を費やしておられたからです。見えないところや知らないところでの仕事が多いことに驚きました。同時に、教員採用選考に合格して、次の春からは教壇に立つんだという思いが強くなりました。

 今日、大学からも先生が来られ、「研究授業」を実習生が行いました。私は、学生の頃の自分の姿と重ねながら、素晴らしい教員になって欲しいと心の中でエールを送りました。

2018年9月13日木曜日

校長室にて(平成30年9月13日)

 何とか6限まで運動場を使えましたが、午後から雲行きが怪しくなってきました。予報では、夕方ごろから雨になり、明日も一日、傘マークがついています。この時期、お天気の心配ばかりする毎日です。

 校長室の窓を午前中開けていました。気持ちの良い風が入ってきました。外を見ていると、「そこ校長室やったんや!」「何してるの?」「閉じ込められてるみたい!」といろいろ声をかけてくれます。(写真は外からの校長室。窓には格子が入っています。)

 6時間目が終わり、児童がこれから下校します。朝からこの時間までに校長室を訪れた人は10人。いつもより若干少なめです。掃除の時間には、3年生の児童が、校長室入り口をきれいにしてくれました。廊下側のドアを開けていると、のぞきこんだり、声をかけてくれたりする児童がたくさんいます。「さよなら!また明日も元気に登校してくださいね!」

2018年9月12日水曜日

スッキリしない天気…(平成30年9月12日)

 雨が降ったりやんだりの水曜日です。どうも天候がスッキリしません。昨日は雨が上がり、やっと青空がのぞきましたが、ここしばらくは、前線や湿った空気の影響で曇りがちの日が多く、雨が降ることもありそうとの予報です。写真は6年生児童の体育館での、運動会演技の練習の様子です。各学年、体育館や多目的室での練習の機会が多くなっています。

 先週の台風21号の影響で、二宮金次郎像そばの八重桜の木が傾いてフェンスに寄りかかっていました。専門業者にお願いして状況を見ていただいたところ、根っこの部分が非常に弱っている状況で、元に戻しても倒れる可能性が高く危険を伴うとのことで、やむなく伐採していただきました。これまできれいな花を咲かせ、楽しませてくれた木なので、残念です。

2018年9月11日火曜日

稲刈りまで一か月!(平成30年9月11日)

 「実るほど頭を垂れる稲穂かな」(詠み人知らず)という俳句は、人格者ほど謙虚であることを詠ったものです。5年生が植えた稲も成長し、台風にも耐え、稲穂が垂れてきました。田の持ち主の木下さんと相談させていただき、10月11日に稲刈りを行うことになりました。(予備日は15日)※今後の天候によって変更があるかもしれません。

 暑い夏の日も、たくさんの雨が降る日も、木下さんが稲を大切に育ててこられたことを忘れてはいけません。私は成長を見守るだけでしたが、ここまで成長した稲の姿がうれしくてたまりません。そして、一か月後の稲刈りが楽しみです。

 「稲つけて馬が行くなり稲の中」(正岡子規)「稲」は秋の季語です。この他、正岡子規の作品には「稲」を詠んだものが多くありますが、黄金色に染まって揺れる稲穂が、一瞬にして想像できます。校区の田が黄金色に染まるのももうすぐです。空気も秋のものに変わってきましたね。