2019年1月18日金曜日

英語のシャワーを浴びました!(平成31年1月18日)

 掃除の後の昼休みは体育館で「サイン会」。英語で簡単なやり取りをし、サインをもらっていました。なぜか私にもサインを求めて来る児童がたくさんいました。「Hello!」「What do you like?」などと私にも話しかけてくれ、サインをした後には「Thank you!」体育館には1年生から6年生までたくさんの児童が集まりました。

 5時間目は2年生、6時間目は5年生が、多目的室で English day の学年の取組みにチャレンジしました。「話していることはよくわからないけど、雰囲気は伝わる!」などと言いながらも、ALTの話をじっと聴いてからしっかり行動していました。児童の吸収力はすごいですね!楽しかった English day も間もなく終了です。フル回転で頑張っていただいたALTの皆さん(各中学校区のALTの皆さんプラス2名のALT、計7名の方にお越しいただきました。)、お疲れ様でした!

今、ALTによるお昼の放送中です!(平成31年1月18日)

 驚きました!何とお昼の放送も今日はALTが担当しています。給食のメニューも英語で紹介です。麦ごはんは brown rice というそうです。

 4年生の English Day を見に行った時、4年生児童から質問されました。「校長先生、英語は苦手ですか?」私が「そんなに苦手でもないよ。」と答えると、いきなり「Hello!」と話しかけてきます。その後も英語のことかと思ったら、「インフルエンザは治りましたか?」と問いかけられました。「インフルエンザにはかかってないよ。」と答えると「今日はマスクしてるし、昨日休んでたでしょ!」とのこと。ありがとう!心配してくれていたんだね。「昨日は人間ドックに行っていました。」との返答には、「人間ドックって何ですか?」と問いが返ってきました。「体に悪いところがないかしっかり調べてもらってきました。」と答えると、「健康でしたか?」とさらに問われ、「大丈夫だったよ!」の返事にニコッと笑みを返してくれました。

 コミュニケーションの力を育むことも目的の一つとする今日の English Day ですが、成果を上げているように感じる出来事でした。(なお、マスクは夜中に少し咳込んだので、着用しています。もうほとんど治まってきました。)

English Day 進行中!(平成31年1月18日)

 今日から2年2組、3年1組が2日間の学級閉鎖を終え、戻って来ました。まだ体調が戻らない人もいますが、全学級が揃ったことはうれしいことです。全校的にみると保健室前の棒グラフ(風邪・インフルエンザによる欠席者数)は模造紙をはみ出しそうですが、土曜日・日曜日の間に、今休んでいる人が元気を取り戻してくれることを願っています。

 さっき3時間目が終わりました。1年生、3年生、4年生の English Day の取組みが終了しました。昼休みイベントもあるようです。4時間目は6年生、午後は2年生、5年生と続きます。ALT(外国語指導助手)の皆さん、お疲れ様です。この後もよろしくお願いします!

2019年1月17日木曜日

待合室にて(平成31年1月17日)

今日は人間ドックの受診日でした。校長先生、どうしたの?と問いかける児童が多かったとのことで、心配をかけましたが、体の状態をいろいろ調べてもらっていました。今日わかる範囲では以前の検査よりも数値が改善されているものが多く、また明日から頑張ります!

次の検査を待合室で待つ時間が何度もあり、待合室のテレビにはテニスの全豪オープンの試合が映し出されていました。今日は錦織圭選手、大坂なおみ選手の登場ということで注目されていました。

結果は両選手とも勝ちましたが、二人とも試合後のインタビューには英語で答えていました。(大坂なおみ選手は大阪市生まれですが、4歳からはアメリカに住み、日常使っている言語は英語なので当然ですが…)

国際化社会の中で、英語が重要な言葉となり、小学校でも2020年度からは高学年で外国語(英語)が教科となり、教科書を用いて授業を行います。

スポーツの世界でも日本の選手が海外で活躍する時代がやって来ています。来年は東京でオリンピックが開催されます。子どもたちが堂々と英語で海外の人と話をする場面が増えることを期待し、そしてそんな場面を見たいと願っています。

明日はEnglish Dayです。明日をきっかけに、英語を学ぶ意欲がさらに大きくなることを願っています。

2019年1月16日水曜日

明日、1月17日…。(平成31年1月16日)

 2年2組、3年1組の児童は学級閉鎖で登校していない今日、1月16日。風邪やインフルエンザで欠席している児童は36名。全体で約3学級分の人数が登校していない味舌小学校は寂しいです。皆さん、早く元気になってくださいね。

 明日は1月17日。阪神淡路大震災から24年が経ちます。今とは祝日法が違っていて、当時は1月15日が成人の日で、日曜日と重なっていたため、16日は振替休日。1月17日は火曜日でした。午前5時46分に大きな揺れで目が覚めた私は、飛び起きてタンスをおさえていました。倒れて子どもたちがけがをしないようにと思ったからなのでしょうか?無意識にそのような行動をとっていました。当時私はマンションに住んでいましたが、家の中は時計が一つ落ちたぐらいで被害はほとんどないように見えましたが、しばらくすると天井から水がたくさん落ちてきました。水道管がずれて水が噴き出していたのです。

 当時、私は摂津小学校に勤務していました。学校へ行く途中、塀が倒れていたり、屋根瓦が滑り落ちていたりしているところを何か所も見ました。学校では図書室の本が散乱したり、資料室がぐちゃぐちゃになったりしていました。私の家の近所に両親が住む家がありましたが、食器が割れ、お酒の瓶が割れ、仏壇がひっくり返り、すごいことになっていました。大地震がいつかは来ると言われていましたが、いつかというのは今日のことだったんだと思いました。

 昨年、6月18日に大阪府北部を震源とする大きな地震が発生したのは記憶に新しいところです。そして、報道では南海トラフでの大きな地震がこの30年以内に発生する確率は70〜80%と報じ、昨年の地震も教訓にしながら一層の備えが必要と言われているところです。

 児童の皆さんには、いつかは大きな地震が来るということを知り、命を守るための備えをして欲しいと考えています。食料や水をはじめ非常時に必要なものを用意するとともに、地震などの災害発生時に「命を守る行動」をとれるよう、知識と技能を身につけて欲しいです。大切な大切な皆さんの命は、「命のチェーン」でつながってきたもので、粗末にしてはいけません。つながってきた人の内、誰か一人でも欠けると今のあなたはいないのです。未来のためにも、皆さんはしっかり命を守ってください。

2019年1月15日火曜日

約16%!(平成31年1月15日)

 風邪やインフルエンザでの欠席が増え始めてきたので、全校児童へ注意を促すために、保健室前に風邪やインフルエンザでの新学期がスタートしてからの毎日の欠席者数を、先週金曜日から棒グラフにして示し始めました。

 写真からわかるでしょうか?3連休明けの今日、一気に風邪やインフルエンザによる欠席者が増加し、模造紙から大きくはみ出してしまいました。何と69名!全校児童の約16%です。風邪やインフルエンザの症状で熱が出たり、咳や頭痛などで苦しんでいる児童がたくさんいると思うと辛いです。

 今、元気な児童も予防に努め、症状が出たら、医療機関を受診し、しっかり治してくださいね。今、しんどい児童が一日も早く元気になることを願っています。安静にし、しっかり休養をとってくださいね。お大事にしてください。

残念…。2学級を閉鎖します。(平成31年1月15日)

 今朝、正門のところへ児童を迎えに出た時のことです。3年1組の男子児童が「僕のクラスの友達で、いつもならもう来ている人が来ていません。」と私に伝えてくれました。7時55分頃のことです。それから40分ほど門のところで「おはようございます!」と児童を迎えていましたが、たしかに3年生の児童が少ないようで、全体的にも欠席が多いように感じました。そして、職員室へ戻ってみると…。

 3年1組では13名の児童がインフルエンザにより欠席し、その他発熱や風邪の症状での欠席者もいました。2年2組でも10名の児童がインフルエンザで欠席し、発熱等で休んでいる人もいました。学校医の先生と相談し、明日、明後日の2日間、3年1組と2年2組は学級を閉鎖することにしました。他のクラスでもインフルエンザ等で休んでいる人がいます。心配です。早く良くなって欲しいと願っています。安静にして、しっかり睡眠を取り、水分補給も行ってくださいね。

 大阪府のホームページ「インフルエンザを予防しよう」を紹介します。(http://www.pref.osaka.lg.jp/iryo/osakakansensho/infuru.html)ぜひご覧ください。