2018年10月15日月曜日

稲刈りから学んだこと(平成30年10月15日)

 当初予定していた11日(木)が雨天で延期されていた稲刈りを、本日午前、無事に行うことができました。6月7日(木)に5年生が田植えを体験させていただいてから130日が過ぎました。4か月余りの間には、地震、大雨、酷暑、台風などいろいろなことがありました。その間、田の持ち主である木下さんは、毎日稲を守ってこられたのです。

 あんなに細く小さかった苗が、大きな株となり、丈が伸び、花が咲き、実が実り、黄金色に染まり、今日を迎えました。今日もたくさんの方に教えていただき、5年生は貴重な体験をさせていただきました。

 終了後、農業委員の深田さんが仰っていたことです。「日頃皆さんが食べているお米は多くの作業を通じて、皆さんの口に入っています。今日、刈った稲もこのままでは食べることができません。乾かした後、脱穀、籾すり(臼ひき)、精米の作業が必要です。このように大切に育て、多くの作業を経て食べるお米を一粒も無駄にしないでください。」

 大切な、大切なお米。そのことが5年生児童の心にしっかり刻まれて欲しいと感じました。お米だけに限らず、ものをつくるということは、大変なことなのです。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

2018年10月13日土曜日

運動会はいいものです!(平成30年10月13日)

秋晴れの下、近隣の幼稚園やこども園で運動会が行われました。

みんな笑顔!大人は一生懸命応援!子どもたちは一生懸命の走りや演技!

運動会はいいものだと改めて感じました!

2018年10月12日金曜日

煙を吸わない!(平成30年10月12日・避難訓練にて)

 真剣に避難してきた人と、数は少ないですが笑いながら避難してきた人がいました。火事が本当に発生してはいけませんが、もし本当に発生したら、笑ってなんかいられませんね。訓練でやったことがないことは、実際の場面に出遭った時に行うことができません。今、真剣に訓練に参加した人こそが、命を守れるのではないでしょうか?

 さて、昨年火災で亡くなった人は、全国で1,456人いらっしゃるそうです。今、驚いている人もいましたが、多くの方が火災で大切な命を失っています。大阪府でも79人の方が亡くなったそうです。もしかすると、いろいろな注意を実行しながら避難することができていれば、失わなくてもよかった命かもしれません。火災を発生させないようにすることが、まず一番ですが、皆さん、火災の場合には、煙に十分注意してください。煙を吸い込んで、一酸化中毒になってしまったり、熱い煙を吸い込んで肺の中が焼けてしまったりして、亡くなることが多いそうです。さっき皆さんの多くは、ハンカチなどを口と鼻に当て、煙を吸わないようにしていました。とても大切なことです。煙を吸わないようにするためには、低い姿勢を取ることも大切だそうです。

 訓練には真剣に取り組むこと、火災の際には煙を吸わないように注意すること、この二つのことを今日はしっかり覚えておいてください。

2018年10月11日木曜日

二つの注意と一つの心がけ(平成30年10月11日・朝会にて)

 味舌小学校の児童の皆さん、おはようございます。8時過ぎから雨が降りだしました。今日予定していた5年生の稲刈りも15日月曜日に延期になりました。さて、今日は皆さんに、二つの注意と常に心に持っていて欲しいことのお話を一つします。

 まず一つ目は、インフルエンザに注意しようという話です。朝夕の気温はずいぶん低くなりました。体調を崩している人はいませんか?先週、近くの学校でインフルエンザによる学級閉鎖がありました。インフルエンザの流行は、もっと寒くなってからという印象がありますが、油断はできません。健康管理に気をつけましょう。外から帰った時のうがいや手洗い、衣服の調節など、皆さんの注意で防げる場合もあります。

 二つ目の注意です。雨の日に必要なもの、そう!傘の話です。傘で人をたたいたりする人はいませんか?傘は雨で濡れることを防ぐための道具です。正しく使ってください。そして、傘を大切にしないということは、傘という「もの」を大切にしないだけではなく、「人」を大切にしないことにもなるのです。傘で人をたたけば、傘が壊れることもあります。傘を作った人に申し訳ないとは思いませんか?皆さんのおうちの人など、傘を買ってくれた人に申し訳ないとは思いませんか?傘でたたかれた人は痛がっています。傘を大切にしないということは、「人」を大切にしないということになるのです。味舌小学校の皆さんは、傘を正しく使い、「人」も「もの」も大切にできる人になってください。

 次のお話は、皆さんにいつも「夢」を持っていて欲しいという話です。皆さんには「将来、こんな仕事をしたい」とか、「いつか、こんなことをやってみたい」などという夢はありますか?私は小学校に入学する頃まではお相撲さんになりたくて仕方がありませんでした。テレビで見て、横綱ってかっこいいなあと思っていたのです。次の夢は、スキーのジャンプの選手になることでした。これもテレビで見て、あこがれましたが、スキーをやったこともないのに持った夢でした。そして、次に夢見たことは、学校の先生になることでした。小学5年生の頃のことです。それから11年経って、小学校の先生になれた時には、夢が叶ったと嬉しかったのを覚えています。

 もちろん夢を叶えるためには、努力も必要です。夢が変わることもあります。でも、皆さんが、常に夢を心に持ち、実現へ向けて努力する人でいて欲しいと思います。以上で、今日のお話を終わります。

(1枚目の写真は、今朝の稲の様子です。来週の月曜日は晴天になって欲しいです。2枚目の写真は、正門前の安全ミラー(カーブミラー)です。台風21号の影響で曲がっていましたが、一昨日修理していただくことができました。ありがとうございました。)

2018年10月10日水曜日

10月10日は何の日?(平成30年10月10日)


 平成11年(1999年)までは、10月10日が体育の日と定められていました。昭和39年(1964年)10月10日に東京オリンピックの開会式が行われたことにちなみ、昭和41年(1966年)から祝日と定められました。平成12年(2000年)からは「ハッピーマンデー」が取り入れられ、体育の日は10月の第2月曜日と定められました。2020年は、東京オリンピックの開会式が行われる7月24日(金)に体育の日は変更され、名称も「スポーツの日」と改められるそうです。

 味舌小学校では、今日10月10日は4年生の遠足の日。行き先は万博公園です。出発する前の4年生は、"うきうき""わくわく"といった様子でした。ニフレルも目的地の一つということで、雨天決行!雨が降る前に公園で遊ぶこともできたと連絡が入りました。

 4年生には出発前に、「今から皆さんが乗車する大阪モノレールの運転士をしている教え子がいます。車内でマナーを守り、乗る時もきちんと整列している学校もあれば、先生の指示も聞かず、車内でも大きな声で迷惑をかけている学校もあるそうです。マナーを守り、移動の時にも他のお客さんの迷惑にならない味舌小学校の4年生だということをしっかり周りの皆さんに見てもらってきてください。大人になるためには、ルールやマナーをしっかり守れるということがその第一歩ですよ。」帰ってきたら、どうだった?と質問したいと思います。

2018年10月9日火曜日

少し寂しそうな夕暮れ…(平成30年10月9日)

 運動会が終わり、そして一昨日の地区市民体育祭も終わり、日が短くなったこともあって、夕暮れ時の運動場は、心なしか寂しそうに感じます。賑わった、そして笑顔が溢れた時間は、児童の、そして大人の、思い出の1ページにしっかり刻まれたことと思います。

 函館での全国連合小学校長会研究協議会の分科会でご一緒させていただいた埼玉県の校長先生が、小学校と中学校の関係には憧れと誇りが必要だと仰っていました。小学生は中学生を見て「あんな中学生になりたい」と憧れ、中学生は小学生に対していい意味で「自分たちは中学生なんだ」とプライドを持つ。これは、校長をはじめ学校に勤務する教職員も同じではないかと思います。教職員は、憧れを持ってもらえる職業でありたいですし、また誇りを持って仕事をしたい、そのために努力を惜しまないという姿勢を忘れないようにしたいと気持ちを新たにしています。

 校長は、月に2回「校長会」に出席しています。毎月原則として第1火曜が教育委員会主催で、第3火曜が校長会主催で会議を行っています。今日は、運動会等の行事の関係で第2火曜になりましたが、教育委員会主催の校長会が開かれました。その中で、教育次長の言葉が印象に残りました。「運動会を見て回り、各校の独自性を感じた。様々なことで学校はもっと独自性を発揮してもよいのではないか!」個性を尊重する教育の大切さがよく言われていますが、もちろん学習指導要領などのスタンダードはきちんと踏まえた上で、学校ももっと個性を発揮すべきだと私も感じました。

 今日もたくさんの方に校長室にお越しいただきました。たくさん話をさせていただきました。今、この一週間を振り返りながら様々な思いを巡らせています。実りの秋!がんばります!

2018年10月7日日曜日

第28回味舌小学校地区市民体育祭(平成30年10月7日)

台風の影響で開催が危ぶまれていた今日の体育祭ですが、好天のもと無事開催することが出来ました。

関係の皆様のご尽力、また早朝からのご準備、ありがとうございました。

笑顔集い、絆深める機会となりました。