2019年7月22日月曜日

始まりは雨☂(令和元年7月22日)

 夏休みのスタートが、土曜・日曜でしたので、水泳指導は今日からスタート! でしたが、あいにくの天気で今日は中止になりました。天気予報では、明日も今日とよく似たお天気が予想されます。残り九日間の水泳指導、青空のもとで実施したいのですが…。

 夏休みの生活で、児童に注意喚起したいことがあります。それは交通マナーの件です。歩行者として、自転車の「運転手」として、交通ルールを守り、他の人への心配りも忘れずに、気持ちよく過ごして欲しいと願っています。私は自転車で通勤することが多いのですが、道いっぱいに広がって歩いていたり、自転車で並走しているケースを時々見かけます。周りの人に迷惑をかける行為は、危険もいっぱいです。

2019年7月19日金曜日

The principal's office Museum(令和元年7月19日)

 さっき4年生児童からひまわりのちぎり絵が届きました。先日はあじさい。2枚の絵を校長室の掲示板に飾りました。ひまわりもあじさいも私が大好きな花です。校長室が美術館になりました。

命は一つ、世界も一つ(令和元年7月19日・終業式にて)

 味舌小学校の皆さん、おはようございます。今、私は腹が立って仕方ありません。昨日、京都で放火の疑いにより、京都アニメーションというアニメ映画などを制作する会社が火事になり、33人の方が亡くなるなど、死傷者が多数出ました。このニュースは皆さんもテレビのニュースなどで知っていることと思います。

 人の命は何よりも大切です。まだ詳しいことはわかっていませんが、本当に放火だとしたらけっして許されることではありません。亡くなった方は二度と帰ってこないのです。命の重さをどう考えているのでしょうか。人はそれぞれ大切な存在です。尊い存在です。味舌小学校の皆さんはそれを踏まえて、いやな思いを抱えて登校する人や、辛い思いで学校へ行きたくないと思う人がいない、人を大切にする学校にするためにどうしたらいいのか、いつも考えてください。

 私は家を元気に「行ってきます!」と出た子どもたち、つまり皆さんを、学校で迎え、みんな元気に「ただいま!」と家に帰って欲しいと毎日願っています。昨日、亡くなった方も、やけどをした方も家を「行ってきます!」と出たことでしょう。しかし「ただいま!」と元気に帰宅することはできませんでした。こんなことが二度とあってはいけません。今、そう思っています。

 さて、明日から夏休みです。小さなことでもかまいません、何かを毎日続けてみませんか。世界の国について、一日ひとつ調べてみるということでもかまいません。今日で最終日ですが、4年生と6年生にタヒチから帰国している二人の友達を迎えています。タヒチってどこにあるか知っていますか?南太平洋にあり、ハワイをはじめたくさんの島があります。お家の方のお仕事の関係でタヒチに住んでいますが、世界のたくさんの国や地域に、仕事などで日本から多くの方が行っておられます。まさに広い世界ですが、世界は一つになっていることを感じます。グローバル化されていますね。

 私は校長ブログを続けていますが、アメリカやウクライナ、ドイツなど世界のたくさんの国でもこのブログを読んでいただいています。日本と世界はつながっていると実感します。皆さん、世界の様々な国に興味を持ち、調べてみてください。では、楽しい夏休みを過ごしてください!一学期、何度もしっかり話を聞いてくれてありがとう!

2019年7月18日木曜日

暑さ指数(WBGT)に注目!(令和元年7月18日)


 暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。 単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なります。暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい ①湿度、 ②日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、 ③気温の3つを取り入れた指標です。(環境省 熱中症予防情報サイトより http://www.wbgt.env.go.jp/

 暑さ指数には段階があり、31℃以上は『危険』、28〜31℃は『厳重警戒』、25〜28℃は『警戒』、21〜25℃は『注意』、〜21℃は『ほぼ安全』と示され、31℃以上では、運動は原則中止することが求められています。小中学校での体育活動について、本日別途教育委員会からの文書を各ご家庭に配付していますが、枚方市の観測地点のWBGTの数値をもとに、適宜 黒球付き熱中症指数計(写真上)でWBGTを測定し、運動の可否を判断いたします。

 また、WBGTへの関心を広げるため、玄関(管理人室出入口付近)に室内環境指標計(写真下)を設置しました。温度と湿度がデジタル表示され、その左側にWBGTがどの範囲にあるかが表示されます。黒球付き熱中症指数計の数値と比較(写真上下は同じ時間帯、近い場所で撮影)したところ、数値は近いものを示し、一つの目安となりますので、ぜひ注目してください。

2019年7月17日水曜日

4の2からのプレゼント(令和元年7月17日)

 4年生は1学期に社会科の「健康なくらしとまちづくり」の単元で、「ごみ」について学びました。家から出るごみのこと、ごみ収集について、摂津市環境センター見学、資源ごみについて、自分たちにできることは何か、など様々なことを知り、考えてきました。

 その一環として、4年2組の3人の女子が牛乳パックとペットボトルのキャップで作った「市章」(https://www.city.settsu.osaka.jp/section/reiki/reiki_honbun/v100RG00000007.html)を校長室にプレゼントしてくれました。ありがとう!この学びを活かし、摂津市をさらに住みよい街にするため、自分たちでできることを続けて頑張ってくれればと願っています。

雷⚡鳴ったの知ってる?(令和元年7月17日)

 夜中から早朝にかけての雨と雷、すごかったですね。私は雨が家の壁を叩く音や大きな雷音で目が覚めました。出かける時には少し日も射し、児童の登校時には暑いぐらいでした。今日も湿った空気の影響で雷雨となるところがあるようです。お気をつけください。

 ところで、本校の通用門ですが、開閉がしやすいように大変軽量の素材を使用しています。正門も同じ素材ですが、日頃は閂(かんぬき)をしており、児童の登下校時や物品の搬入時のみ開閉しています。その通用門、昨年9月の台風時に強風により壊れてしまい、応急措置をしていただきましたが、その後新しいものに取り換えていただきました。ご来校の際には、優しく開閉してください。勢いよく開閉されますと「ガチャーン」と大きな音がしますし、故障にもつながります。写真(中段、下段)のとおり、音を防ぐためにラバーを新たに付けていただきましたが、扱いはていねいにお願いいたします。

 さて、登校してきた児童に質問されました。5,6人から訊かれました。「雷鳴ったの知ってる?」私が「すごかったね!怖かったね!」と返事をすると一人を除いて「寝てたから知らんねん!」という答えが返ってきました。

2019年7月16日火曜日

カラスはセミが大好き?(令和元年7月16日)

 今週末の金曜日、7月19日が一学期の終業式です。今日は気温も30℃を超え、暑いです。それでも昨年の今頃を思うとずいぶん過ごしやすいですね。(昨年の7月13日、海の日を含めた三連休前の私のブログです。https://mashita-principal.blogspot.com/2018/07/30713.html)

 三連休中の出来事です。私は出かける用事があって、自宅近所のバス停でバスを待っていました。すると、目の前をカラスがスーッと横切りました。近くの木に止まると何かを食べています。よく見るとクマゼミです。近くにいたもう一羽のカラスもクマゼミをくわえていました。長い間地面の下で暮らし、羽化して短い成虫としての期間を終えるクマゼミですが、危険がいっぱいです。

 羽化する途中や羽化したての時も危険ですが、日中もカラスやカマキリ、山の中ではタヌキやサルもクマゼミをはじめセミを捕食するそうです。クマゼミは大型のセミなので、食べられにくいのかと考えていましたが、大きいので目立ちやすいようです。カブトムシもカラスやタヌキはよく食べるそうですが、メスよりも長い角を持ったオスの方が狙われやすいそうで、自然界では目立つことが危険にさらされる原因となるようです。

 登校中、児童はクマゼミの大合唱の中を通って来ていることでしょう。今鳴いているクマゼミは、厳しい自然の中で、命がけで暮らしているのです。そう思うと、頑張れって声をかけたくなりませんか?