2019年2月15日金曜日

解散(平成31年2月15日)

仲良く、楽しく、にぎやかに!6年生の遠足が先ほど終わりました。疲れたけど、面白かった!と言いながら帰る児童が多かったように思います。

私も高いところから落下したり、クルクル回ったり、びしょ濡れになったり…。6年生児童の誘い(?)で、いろいろ体験できました。

帰途へ(平成31年2月15日)

4時間園内で楽しく仲良く過ごしました。これから学校へ戻ります。15時半、学校で解散予定です。

懐かしいけどスッカリ変わった…(平成31年2月15日)

両親に連れられて小学校低学年の頃、何度かひらかたパークに来たことを思い出しています。人気アニメのショーを見に来たり、菊人形を見に来ました。その頃はモンキーランドがあり、たくさんの猿を飼育していたのですが、その名残で、リスザル、レッサーパンダ、プレーリードッグなどが飼育されているのでしょうか?懐かしいけど、スッカリ変わってしまいました。

6年生児童は元気です。乗り物から乗り物へと走り回っています。

思い出づくり進行中(平成31年2月15日)

グループで活動中!思い出たくさんつくってます! 『校長先生、一緒に乗ろう!』声をかけてくれた男子のグループとお化け屋敷に入り、乗り物に乗りました。そろそろ昼食どきです。弁当を広げるグループも出てきました。

到着(平成31年2月15日)

すごい人です。今日は13の小学校が遠足でひらかたパークを訪れています。間もなく班行動開始です。

移動中(平成31年2月15日)

6年生の『お別れ遠足』です。モノレール、京阪電車でひらかたパークへ移動中です。車内では静かです。電車を待つマナーもキチンとできています。

2019年2月14日木曜日

安全な学校にするために(平成31年2月14日)

 以前、私が廊下を歩いていて、突然後ろから児童にぶつかられたことがあります。ぶつかった児童は「危ないやん!」と少し怒った表情でした。「よそ見しながら、しかも走っていたからぶつかったんだよ。」そう言ったのですが、不満そうな顔をしていました。私は「廊下は右側を歩いて移動するものです。みんながルールを守って欲しいなあ。」とその児童に伝えました。

 小学校内で起こる事故は、授業中や休憩時間に発生するものが多いと聞いています。また、休憩時間に発生した事故の発生場所は、廊下や階段という場合が少なくありません。昨年12月に実施しました学校評価アンケートにおいても、5,6年生児童に学校生活を楽しくするための考えを自由記述してもらったのですが、その中に「廊下を走らないようにする取組みが必要だ。」というものがありました。児童もわかっているのです。廊下を走れば危険。危険な学校は楽しくない。安全な学校にしたいと願っているのです。

 2年1組の児童が2年生の教室へ向かう階段や廊下に「ろうかを歩こう!」と書いたものをはっています。何とかしたいと思ってくれています。注意書きをはってくれた人が、率先して廊下を歩いて欲しいです。啓発は言葉だけではなく、行動も必要です。期待しています。