2018年7月13日金曜日

防ごう!熱中症!(平成30年7月13日)

 夏の高校野球は今大会が第100回!記念大会ということで大阪や神奈川など7府県では代表校が1校から2校に、地区を二つに分けて代表を決定します。高校野球でも選手や審判の熱中症対策が実施されていますが、スタンドで応援する人にも水分補給を行うよう呼びかけています。

 現在、摂津市の気温は33℃!暑いです。味舌小学校の運動場も暑いです。明日からの三連休は、最高気温が35℃を超えることが予想されています。どうか、皆さん、熱中症には十分お気をつけください。もちろん予防が大切ですが、なってしまった時の適切な対応も重要です。環境省の熱中症予防情報サイト(http://www.wbgt.env.go.jp/)には、熱中症に関する様々な情報・対策・対応などがアップされています。ぜひご覧ください。

2018年7月12日木曜日

みんなで育もう!つながりのまち摂津!(平成30年7月12日・朝会にて)

 ちょうど一週間前の木曜日、夜の11時に安威川の水の量が多くなり、避難準備情報が摂津市において発令されました。「避難に時間がかかる方は避難の準備を始めてください」という情報です。味舌小学校が避難所になるということで、私は12時頃に学校に来ました。市役所の担当の方がすでに学校のカギを開け、避難所を開設されていましたが、すでに4名の方が避難されていました。その後、朝5時に情報は解除され、4名の方も5時半頃には自宅に戻られました。

 「学校、大丈夫ですか?」「避難されている方はおられますか?」「車椅子の方が避難されてきた場合、エレベーターは使えますか?」深夜、雨の中、いろいろな方が、学校を訪ねて来られ、心配していただきました。摂津のまちづくりのスローガン、「みんなで育もう!つながりのまち摂津!」を思い出しました。

 考えてみると、人はつながりの中で生きています。去年、私の親友が病気で急に亡くなりました。あまりに急だったので、告別式に出席できず、後日お墓参りをしましたが、案内してくれたのは親友の友達の方でした。亡くなった友を介して、友達が増えたように思います。「友達の友達は、友達なんだ」と実感しました。友達を増やすということは、気づかないうちにたくさんの人とつながっていくことになります。これは、横のつながりですね。

 もう一つは縦のつながりです。皆さんは今こうして生きています。皆さんのお父さんやお母さん、そのお父さんやお母さん、さらにそのお父さんやお母さん、どんどん遡っていくと、たくさんの人の命のつながりがあって皆さんはここにいることに気付くのではないでしょうか。もし誰かがいなければ、皆さんはここにいないことになります。今生きているということは、とても大切なことですね。いろいろな人の願いや思いを引き継いで生きているわけですから、命を大切にしてください。

 横のつながり、縦のつながりの中で私たちは生きています。横のつながりをもっと太くし、また、縦のつながりを意識して、自分も周りの人も大切に生活してください。つながりは、とても大切なものなのです。

2018年7月11日水曜日

着衣泳の取組み(平成30年7月11日)

 クマゼミの鳴き声が出勤する私を見送ってくれます。そして、やはりクマゼミの鳴き声が学校に到着した私を迎えてくれます。このセミは日の出から午前中を中心に鳴きますが、午前7時から10時頃が一番よく鳴く時間帯だそうで、午後はほとんど鳴かないそうです。私が子どもの頃はクマゼミよりもアブラゼミをよく見かけましたが、最近はクマゼミが多くなっています。

 味舌小学校では、全学年で着衣泳(着衣水泳)に取り組んでいます。服を着たままで泳ごうとすると、服が水を吸って重くなり、また水の抵抗を受けやすくなり、うまくいきません。泳ぎに自信のある人ほど、そのギャップを感じると言われています。日本は河川も多く、農業水路も整備されており、水の危険と隣り合わせとも言えます。日常生活の中で、もし誤って水の中に転落した場合に備えて、着衣の場合、水の中ではどうなるかを体験し、命を守るための動きを学んでいます。

2018年7月10日火曜日

145周年記念写真撮影(平成30年7月10日)

 梅雨が明けたら、厳しい暑さです。この暑さの中で145周年記念写真の撮影がありました。できるだけ短時間で撮影しようと準備をしていましたが、途中で休憩をはさんだものの、約1時間の撮影は暑さがこたえました。

 航空写真と4階から撮影する全校・学年毎の集合写真。出来栄えは楽しみですが、体調が優れなかった児童がさらに体調を崩さないか心配です。(写真は5年前の140周年記念の航空写真。校長室に飾っています。もう1枚は航空写真用にカメラマンが運動場に描いた校章。1時間足らずで仕上がりました。)

2018年7月9日月曜日

おかえりなさい!あ・お・ぞ・ら!

 西日本を中心に降り続いた大雨は、各地で土砂崩れや河川の氾濫を引き起こし、多くの犠牲者や安否不明者が出ています。ようやく雨は上がりましたが、厳しい日差しです。被害に遭われた方の熱中症も心配です。

 今朝、多くの児童が「暑い!」と言いながら、汗を拭き拭き、登校して来ました。「校長先生、やっと青空やなあ!」そんなことを言う低学年児童もいました。久しぶりの水泳の授業では、児童の歓声が上がっていました。教室からは授業の声も聞こえてきます。味舌小学校に、ようやく日常が戻ってきたように感じます。

 「おかえりなさい!あ・お・ぞ・ら!」願わくば、しばらくは、優しく優しく微笑んでください。各地で、避難されている方のためにも。懸命の捜索活動をされている方のためにも。そして、先月の地震の復旧作業もまだ続いています。作業に従事する方や、ボランティア活動をされている方のためにも。

2018年7月6日金曜日

雨、雨、雨…。(平成30年7月6日)


 梅雨前線の活発化により、連日の雨です。しかも、かなりまとまった量が降っています。昨夜午後11時頃、安威川の増水により、避難準備情報が摂津市のほぼ全域に出されました。そして、味舌小学校も避難所となりました。

 市役所の方が来られ、避難所を開設し、数名の方が避難して来られました。避難準備情報は、午前5時に解除され、避難しておられた方もご自宅へと戻られました。雨は時折小降りになりましたが、何度も何度も激しく降りました。

 避難勧告等の発令状況によっては、臨時休校する場合もありましたので、通常の授業ができて、ホッとしました。天気予報では、8日の日曜日頃まで、雨が続きそうです。河川は増水しています。児童の皆さんは、近づかないように十分注意してください。(写真は今日、午前10時頃の山田川)

2018年7月5日木曜日

雨の中の晴れ(平成30年7月5日)

 雨が降り続いています。大雨洪水警報が発令中、河川の増水に対しての注意が必要です。

 児童の登校時、私は着ているものがびしょ濡れになりました。「靴の中がすごいことになってる〜!」「かばん濡れた〜!」「カッパ着てきたけど暑い〜!」今朝は、「おはようございます!」ではなくて、そんな言葉を校門で、児童と交わしていたように思います。

 そんな時、学校の近くの方が、雨の中、私に次のことを、伝えに来てくださいました。「昨日の風で、子どもたちが育てている植木鉢が倒れています。」雨がたくさん降っていましたが、心の中は晴れました。ありがとうございました。

2018年7月4日水曜日

「特別賞」いただきました!(平成30年7月4日)

 今日はセーフティパトロールの日でした。皆様、ありがとうございました。すでに多くの方が本校に集まっておられる中、私はいきいきプラザへ行ってまいりました。農産物品評会 表彰式に出席するためです。

 文化ホールのロビーや展示室に出品された農産物が並べられているのを、表彰式の前に見てきました。最優秀会長賞や摂津市長賞の作品は、形、色、輝き、すべてが素晴らしかったです。昨日の夕方、出品のために採り入れをした味舌小学校の鳥飼なすも一緒に並んでいました。

 ある農業振興会の委員さんから、味舌小学校の鳥飼なすをじっと見ている私にこんな声をかけていただきました。「このなすは勢いよく成長しています。夜の間にぐんと成長しているので、へたの辺りが緑色になっています。緑色の部分は日に当たるとなすの色になっていくのです。」

 うれしかったです。どんなことでもほめていただくと元気が出ます。その後、質問をしました。「どうすれば、いいなすができますか?」答は…。「水をしっかりやること!肥料を与えること!葉が実に当たらぬよう、葉で実に当たる日光を遮らぬよう、葉を剪定すること!雑草を生やさぬようにすること。」農作物を育てることは大変だと改めて思いました。

 3年生の児童だけではなく、教職員にとっても鳥飼なすにふれる経験は貴重な経験です。ありがとうございました。実りの時期はこれからが本番です!

今日、農産物品評会開催(平成30年7月4日)

 台風7号の影響で、温かく湿った空気が流れ込み、雨が降ったり止んだりしています。風は少し弱まりましたが、今日から明日にかけて、雷を伴う激しい雨が降る時間帯もあると予報されています。河川の増水もあるかもしれません。十分な注意が必要です。

 今日、摂津市の農産物品評会が開催されています。現在、出品された農産物の審査が文化ホールの展示室で行われている頃ではないでしょうか。各小学校からも、3年生が育てた鳥飼なすが出品されています。もちろん本校からも出品しています。表彰式は午後3時ごろから始まる予定です。

 農業振興会の皆様より、作付けの時からご指導いただいていますが、お話を伺うたびに、農業に携わっておられる方の作物への愛情や心配りを感じます。昨日も、なすの実を大きくきれいに実らせるためのアドバイスをいただきました。

 品評会への出品は終わりましたが、収穫の時期はまだまだ続きます。子どもたちとともに、大切に育てます。

2018年7月3日火曜日

稲、たくましく育っています!(平成30年7月3日)

 先月7日に田植えをしてから、約1か月。稲の株が大きくなり、たくましく育っています。雑草はありません。しっかり水もあります。

 あの日、田んぼの所有者である木下さんが仰っていました。「私が大切に育てます。皆さんはしっかり見守ってください。」

 暑い日が続きます。風の強い日も、たくさんの雨が降る日もあります。木下さんは、毎日、愛情を注ぎながら稲を育てておられます。今、稲がどんなふうに育っているのか。あの日、田植えをした5年生の皆さん、そして、他の学年の皆さんも、しっかり見守ってくださいね。

2018年7月2日月曜日

竿頭、新調しました!(平成30年7月2日)


 現在、本校で儀式等の際に使用する校旗は、昭和30年度に購入したもので、63年間使用しています。これまで、数多くの新入生を迎え、卒業生を見送ってきた校旗ですが、竿頭の部分が古くなり、旗竿の先にうまく取り付けることができなくなってしまいました。

 そこで、教育委員会にお願いし、竿頭を新調することになりました。最初は修理の予定でしたが、古いので修理が難しく、新しく作ることとなったものです。ようやく先月末に完成し、納品されました。

 輝く味舌小学校後期の竿頭です。味舌小学校のこれからの歴史を見守ってくれることでしょう。古い竿頭については、「長い間お疲れ様!」と労い、大切に保管しておきます。

3年校区探検!(平成30年7月2日)

 暑い!正午現在、気温は32度を超えていました。明日からは、天気が崩れるとの予報ですが、7月に入り一気に夏本番といった感じです。

 そんな中、地域コーディネーターや民生・児童委員の皆様のご協力により、3年生が6月に続いて校区探検を行いました。4つのグループに分かれ、約90分から120分校区を歩き、学んできました。前回もそうでしたが、校区の歴史にもふれることができ、多くの人の知恵と努力で今日があることがわかったのではないでしょうか。

 真っ赤な顔をして、汗をかき、学校に戻ってきた子どもたちのメモを見ると、文字でぎっしり埋まっていました。かつて、私が小学生の低学年だった頃、私が通っていた小学校の運動場が、まだ田んぼだった頃の話や、校舎が全部木造だった頃の話を地域の方から聞いたことがあります。その時の話は今でも私の中にしっかり残っています。今日、学んだことがずっとずっと残ってくれればと思います。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。