2018年10月15日月曜日

稲刈りから学んだこと(平成30年10月15日)

 当初予定していた11日(木)が雨天で延期されていた稲刈りを、本日午前、無事に行うことができました。6月7日(木)に5年生が田植えを体験させていただいてから130日が過ぎました。4か月余りの間には、地震、大雨、酷暑、台風などいろいろなことがありました。その間、田の持ち主である木下さんは、毎日稲を守ってこられたのです。

 あんなに細く小さかった苗が、大きな株となり、丈が伸び、花が咲き、実が実り、黄金色に染まり、今日を迎えました。今日もたくさんの方に教えていただき、5年生は貴重な体験をさせていただきました。

 終了後、農業委員の深田さんが仰っていたことです。「日頃皆さんが食べているお米は多くの作業を通じて、皆さんの口に入っています。今日、刈った稲もこのままでは食べることができません。乾かした後、脱穀、籾すり(臼ひき)、精米の作業が必要です。このように大切に育て、多くの作業を経て食べるお米を一粒も無駄にしないでください。」

 大切な、大切なお米。そのことが5年生児童の心にしっかり刻まれて欲しいと感じました。お米だけに限らず、ものをつくるということは、大変なことなのです。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

2018年10月13日土曜日

運動会はいいものです!(平成30年10月13日)

秋晴れの下、近隣の幼稚園やこども園で運動会が行われました。

みんな笑顔!大人は一生懸命応援!子どもたちは一生懸命の走りや演技!

運動会はいいものだと改めて感じました!

2018年10月12日金曜日

煙を吸わない!(平成30年10月12日・避難訓練にて)

 真剣に避難してきた人と、数は少ないですが笑いながら避難してきた人がいました。火事が本当に発生してはいけませんが、もし本当に発生したら、笑ってなんかいられませんね。訓練でやったことがないことは、実際の場面に出遭った時に行うことができません。今、真剣に訓練に参加した人こそが、命を守れるのではないでしょうか?

 さて、昨年火災で亡くなった人は、全国で1,456人いらっしゃるそうです。今、驚いている人もいましたが、多くの方が火災で大切な命を失っています。大阪府でも79人の方が亡くなったそうです。もしかすると、いろいろな注意を実行しながら避難することができていれば、失わなくてもよかった命かもしれません。火災を発生させないようにすることが、まず一番ですが、皆さん、火災の場合には、煙に十分注意してください。煙を吸い込んで、一酸化中毒になってしまったり、熱い煙を吸い込んで肺の中が焼けてしまったりして、亡くなることが多いそうです。さっき皆さんの多くは、ハンカチなどを口と鼻に当て、煙を吸わないようにしていました。とても大切なことです。煙を吸わないようにするためには、低い姿勢を取ることも大切だそうです。

 訓練には真剣に取り組むこと、火災の際には煙を吸わないように注意すること、この二つのことを今日はしっかり覚えておいてください。

2018年10月11日木曜日

二つの注意と一つの心がけ(平成30年10月11日・朝会にて)

 味舌小学校の児童の皆さん、おはようございます。8時過ぎから雨が降りだしました。今日予定していた5年生の稲刈りも15日月曜日に延期になりました。さて、今日は皆さんに、二つの注意と常に心に持っていて欲しいことのお話を一つします。

 まず一つ目は、インフルエンザに注意しようという話です。朝夕の気温はずいぶん低くなりました。体調を崩している人はいませんか?先週、近くの学校でインフルエンザによる学級閉鎖がありました。インフルエンザの流行は、もっと寒くなってからという印象がありますが、油断はできません。健康管理に気をつけましょう。外から帰った時のうがいや手洗い、衣服の調節など、皆さんの注意で防げる場合もあります。

 二つ目の注意です。雨の日に必要なもの、そう!傘の話です。傘で人をたたいたりする人はいませんか?傘は雨で濡れることを防ぐための道具です。正しく使ってください。そして、傘を大切にしないということは、傘という「もの」を大切にしないだけではなく、「人」を大切にしないことにもなるのです。傘で人をたたけば、傘が壊れることもあります。傘を作った人に申し訳ないとは思いませんか?皆さんのおうちの人など、傘を買ってくれた人に申し訳ないとは思いませんか?傘でたたかれた人は痛がっています。傘を大切にしないということは、「人」を大切にしないということになるのです。味舌小学校の皆さんは、傘を正しく使い、「人」も「もの」も大切にできる人になってください。

 次のお話は、皆さんにいつも「夢」を持っていて欲しいという話です。皆さんには「将来、こんな仕事をしたい」とか、「いつか、こんなことをやってみたい」などという夢はありますか?私は小学校に入学する頃まではお相撲さんになりたくて仕方がありませんでした。テレビで見て、横綱ってかっこいいなあと思っていたのです。次の夢は、スキーのジャンプの選手になることでした。これもテレビで見て、あこがれましたが、スキーをやったこともないのに持った夢でした。そして、次に夢見たことは、学校の先生になることでした。小学5年生の頃のことです。それから11年経って、小学校の先生になれた時には、夢が叶ったと嬉しかったのを覚えています。

 もちろん夢を叶えるためには、努力も必要です。夢が変わることもあります。でも、皆さんが、常に夢を心に持ち、実現へ向けて努力する人でいて欲しいと思います。以上で、今日のお話を終わります。

(1枚目の写真は、今朝の稲の様子です。来週の月曜日は晴天になって欲しいです。2枚目の写真は、正門前の安全ミラー(カーブミラー)です。台風21号の影響で曲がっていましたが、一昨日修理していただくことができました。ありがとうございました。)

2018年10月10日水曜日

10月10日は何の日?(平成30年10月10日)


 平成11年(1999年)までは、10月10日が体育の日と定められていました。昭和39年(1964年)10月10日に東京オリンピックの開会式が行われたことにちなみ、昭和41年(1966年)から祝日と定められました。平成12年(2000年)からは「ハッピーマンデー」が取り入れられ、体育の日は10月の第2月曜日と定められました。2020年は、東京オリンピックの開会式が行われる7月24日(金)に体育の日は変更され、名称も「スポーツの日」と改められるそうです。

 味舌小学校では、今日10月10日は4年生の遠足の日。行き先は万博公園です。出発する前の4年生は、"うきうき""わくわく"といった様子でした。ニフレルも目的地の一つということで、雨天決行!雨が降る前に公園で遊ぶこともできたと連絡が入りました。

 4年生には出発前に、「今から皆さんが乗車する大阪モノレールの運転士をしている教え子がいます。車内でマナーを守り、乗る時もきちんと整列している学校もあれば、先生の指示も聞かず、車内でも大きな声で迷惑をかけている学校もあるそうです。マナーを守り、移動の時にも他のお客さんの迷惑にならない味舌小学校の4年生だということをしっかり周りの皆さんに見てもらってきてください。大人になるためには、ルールやマナーをしっかり守れるということがその第一歩ですよ。」帰ってきたら、どうだった?と質問したいと思います。

2018年10月9日火曜日

少し寂しそうな夕暮れ…(平成30年10月9日)

 運動会が終わり、そして一昨日の地区市民体育祭も終わり、日が短くなったこともあって、夕暮れ時の運動場は、心なしか寂しそうに感じます。賑わった、そして笑顔が溢れた時間は、児童の、そして大人の、思い出の1ページにしっかり刻まれたことと思います。

 函館での全国連合小学校長会研究協議会の分科会でご一緒させていただいた埼玉県の校長先生が、小学校と中学校の関係には憧れと誇りが必要だと仰っていました。小学生は中学生を見て「あんな中学生になりたい」と憧れ、中学生は小学生に対していい意味で「自分たちは中学生なんだ」とプライドを持つ。これは、校長をはじめ学校に勤務する教職員も同じではないかと思います。教職員は、憧れを持ってもらえる職業でありたいですし、また誇りを持って仕事をしたい、そのために努力を惜しまないという姿勢を忘れないようにしたいと気持ちを新たにしています。

 校長は、月に2回「校長会」に出席しています。毎月原則として第1火曜が教育委員会主催で、第3火曜が校長会主催で会議を行っています。今日は、運動会等の行事の関係で第2火曜になりましたが、教育委員会主催の校長会が開かれました。その中で、教育次長の言葉が印象に残りました。「運動会を見て回り、各校の独自性を感じた。様々なことで学校はもっと独自性を発揮してもよいのではないか!」個性を尊重する教育の大切さがよく言われていますが、もちろん学習指導要領などのスタンダードはきちんと踏まえた上で、学校ももっと個性を発揮すべきだと私も感じました。

 今日もたくさんの方に校長室にお越しいただきました。たくさん話をさせていただきました。今、この一週間を振り返りながら様々な思いを巡らせています。実りの秋!がんばります!

2018年10月7日日曜日

第28回味舌小学校地区市民体育祭(平成30年10月7日)

台風の影響で開催が危ぶまれていた今日の体育祭ですが、好天のもと無事開催することが出来ました。

関係の皆様のご尽力、また早朝からのご準備、ありがとうございました。

笑顔集い、絆深める機会となりました。

2018年10月6日土曜日

稲刈りまであと5日!(平成30年10月6日)

 暑い土曜日です。午前中の雨は上がりましたが、台風の影響でしょうか?時折晴れ間がのぞくものの、気温が30℃あります。テント設営や用具の搬出などの作業は明日の朝に行うことになりましたが、明日の地区市民体育祭へ向けて、現在、賞品の準備などを体育館で行っておられます。ありがとうございます。

 さて、稲刈りまであと5日となりました。稲穂は黄金色に染まり、風に揺れています。10月11日(木)の午前9時40分から説明をしていただいた後、木下さんの田んぼに向かいます。(雨天の場合は15日(月)を予定しています。)楽しみです!

2018年10月5日金曜日

第70回全国連合小学校長会研究協議会北海道大会5(平成30年10月5日)

全日程を終え、夕方に帰阪しました。

校長としての明確な経営ビジョンを持つことは当然ですが、それを地域の方々と共有するためには発信が重要です。きちんと発信できているのかどうか、改めて振り返り改善を図りたいと考えています。

学校が組織として動くことの重要性もよく言われていることですが、チームとして機能する学校は常に目標を共有化し、その達成状況を意識し、改善に努めているものです。成果と課題の見える化を図り、それぞれが活躍できる学校づくりについて考え、実践したいと思います。

実り多い、そして刺激を受けた二日間でした。

第70回全国連合小学校長会研究協議会北海道大会4(平成30年10月5日)

二日目は、全体会、シンポジウム、閉会式の順番で進められました。

シンポジウムは「ふるさと・挑戦・未来創造」をテーマに、スキージャンパー葛西紀明選手、北海道テレビ佐藤麻美さん、北海道PTA協議会顧問青田基さんをシンポジストとして行われました。常に夢を持つこと、そして夢を叶えるために努力すること、さらに自分の未来をイメージすること、未来は自分で創るものだということなど、子どもたちに伝えたいメッセージが次々と発せられました。

新学習指導要領の趣旨の実現のためには、大人が自分の体験をもとに語り、子どもたちにしっかり未来図を描かせなければならないと感じました。

2018年10月4日木曜日

第70回全国連合小学校長会研究協議会北海道大会3(平成30年10月4日)

午後からの分科会はリーダー育成についての実践発表と研究協議でした。

三重県と北海道の渡島地区の校長先生の発表の後、札幌市、埼玉県、新潟県、熊本県、山口県の校長先生とそれぞれの学校での取組みを交流し、今後の取組みについて協議しました。

学校の規模や地域の様子はそれぞれ違っていますが、校長のリーダーシップやビジョンをキチンと持つこと、示すことの大切さを改めて学びました。また、自身の人間性を磨かねばならないと感じました。

協議の場で出会った校長先生方に負けないよう、私も味舌小学校の学校経営に尽力します。

第70回全国連合小学校長会研究協議会北海道大会2(平成30年10月4日)

午前の部が終わりました。開会式の後、文部科学省からの講話、全体会と続き、午後からは違う会場での分科会です。

文部科学省からの話はてんこ盛りで、一つひとつの話をもう少しじっくりお聞きして、しっかり考えたかったのですが、時間の制約もあり仕方ないのかもしれません。たくさんいただいた資料をじっくりと見たいと思います。

そんな中で、これから校長は、これまでの蓄積をどう若い人に伝え、新しい時代に対応する取組みにどうチャレンジするのか、その経営ビジョンが問われるという話と、学習指導要領は文部科学省のものでも、教員だけのものでもなく、学ぶ子どもたちやすべての人たちのものだ。学校はこれからの学びについてしっかり発信する必要があるということが、心に響きました。

第70回全国連合小学校長会研究協議会北海道大会(平成30年10月4日)

おはようございます。北海道函館市で開催されています第70回全国連合小学校長会研究協議会北海道大会に参加しています。朝9時から開会されるということで昨日の夜から函館入りしています。そのため、昨日は運動会の閉会式に出ることが出来ず失礼いたしました。

今回のサブテーマが『ふるさとの地から世界を見つめ、新しい社会の形成に向けて挑戦する子どもを育てる学校経営の推進』と設定されています。学校が学校だけで教育活動を推進することは出来ません。また、子どもの自立の一歩は地域の中での活動にあると思います。このサブテーマの具体的な実現へのヒントをこの大会で得たいと考えています。

ふるさと摂津を意識し、社会を考える子どもを育める学校経営へ向けて、この後しっかり学んできます。大会は明日まで続きます。



2018年10月3日水曜日

感謝、感謝、感謝です。(平成30年10月3日・運動会開会式挨拶より)

    味舌小学校の皆さん、おはようございます。見上げてください。青空、白い雲、絶好の運動会日和になりました。今年の夏は、台風や大雨に見舞われましたが、今日の好天、空にも感謝の気持ちでいっぱいです。

    ご来賓の皆様、早朝よりお越しいただきありがとうございます。また、日頃よりお世話になり重ねてお礼申し上げます。児童への温かい応援、よろしくお願いいたします。

    保護者の皆様、開門前から待っていただいた方もおられます。運動会への関心の高さを感じます。ありがとうございます。

    そして、近隣にお住いの皆様、運動会の練習を9月3日に開始してから一カ月、音楽や指導の声、多々ご迷惑をかけ申し訳ございませんでした。本日も一日、よろしくお願いいたします。日頃よりのご理解、ありがとうございます。

    さて、児童の皆さん、私は先ほどから、多くの方への感謝の言葉を述べていますが、この運動会は多くの人の協力で成り立っています。感謝の気持ちをしっかり言葉で伝えて欲しいですが、それと同じぐらい、いやそれ以上に感謝を伝えることができるのは、皆さんの最後まで走る姿や指先から爪先まで、心を込めて演技する姿です。期待しています。

    今日の運動会の最後が、皆さんの笑顔と満足した気持ちであふれていることを願って、私の開会の言葉とさせていただきます。

(写真は5年生の演技です。)

2018年10月2日火曜日

明日、運動会ありますか?(平成30年10月2日)

 いいお天気です!今日は朝から何人かの児童に質問されました。「明日、運動会、ありますか?」私は答えました。「もちろんありますよ!」

 運動会を楽しみにしている児童は、たくさんいると思います。小学生の頃の私も運動会を毎年楽しみにしていました。私の通っていた高槻市の如是小学校には「運動会の歌」というものがありました。「秋立つ空に雲白く♪」「ともに鍛えしこの技を競わん我ら如是健児♪」という歌詞がメロディとともによみがえります。4年生以上には、長距離走が種目にあって、予選を突破した児童20名程度が各学年、運動会の日に走りました。私は予選は突破できていたのですが、当日はいつも最初から飛ばし過ぎて、最後はエネルギー切れでゴールインでした。でも、母の姿はしっかり見えていましたし、近所の方が応援してくれる声も聞こえていました。何かすがすがしい気持ちでした。

 明日の天気予報は「晴れ」。児童への温かい声援をお願いいたします。(写真は玉入れの練習をする1年生児童) 

2018年10月1日月曜日

本日、味舌小学校は代休日です。(平成30年10月1日)

 台風24号は速度を速め、現在北海道の南東海上に位置しているそうです。先ほど、学校の安全点検を行いましたが、幸い被害はありませんでした。

 台風21号の時には、運動場に様々なものが飛来していたのですが、今朝は何も飛んで来ていません。2日後、この運動場で児童の歓声が響き、演技や競技に全力を尽くせる運動会が開催できることを願っています。

 本日は、代休日です。今日から10月。9月は2度、大きな台風がやって来ましたが、今月は穏やかで過ごしやすい気候になって欲しいです。